椎葉ブログ

おかえりなさい

3月2~3日に
「第4回 しいば好き人感謝祭」
が開催されました。


しいば好き人とは、しいばファンクラブの会員のことで、
しいば好き人を対象としたイベントが
「しいば好き人感謝祭」なのです。


今年は、上椎葉を会場に開催されました。


1日目は、上椎葉ダム近くの屋内ゲートボール場にて
不土野(ふどの)地区の古枝尾に
古くから伝わる「的射」体験と
苔玉つくり体験の2つが行われました。


的射とは、春祭り(4月)に行われており
私もテレビで見たことがあるだけで、
実際に見るのは初めてでした・・・


といっても、会場の都合で
的までの距離は通常の半分の約15m。


午後からの本番に備え
午前中に古枝尾の皆さんとスタッフで
リハーサルをしたときは、
通常よりも距離が短いせいか
皆さん的の上にきれいに!?当たって
なかなか的に当たらない・・・(^^;
やはり、距離が短くなると勝手が違うようです。


さて、本番では実演を交えながら
的射の説明が行われました。

DSC_0177.jpg


的射の最中は、古くから伝わる言葉を話しながら
的射が進められていきます。


一つ一つ丁寧に解説していただいたものの、
外国語に匹敵するほど聞き慣れない言葉のため
全然、頭に入ってきませんでした・・・(すみません)


しかし、それほどの言葉が脈々と現在まで伝えられている
的射は「すごい!」の一言ですし、椎葉村の素晴らしい伝統を
また一つ知ることができました。


ところで、実演では矢が的に当たる!当たる!またまた当たる!・・・


1射目から的に当たるので、
好き人の皆さん大盛り上がり。


矢が狭い的のなかで場所取りしているくらい
すでに刺さった矢をかすって次の矢が刺さる程でした。


次に、好き人の皆さんの的射が始まりました。


最初に、構え方から弓の引き方や矢の持ち方まで
丁寧に説明を受け、私も勉強になりました。


好き人の皆さんも
古枝尾の皆さんに教わりながら
弓と矢を持って・・・・射!!


が、勢いが足りず的の手前に落ちたり
なかなか飛ばないなど、苦労してました。


そんななか、パーーーン!と
的を射る音が鳴り響くと自然と驚きと歓声があがり
会場も盛り上がりました。


一方、苔玉つくりは・・・
的射体験スタッフKは的射に夢中で・・・
写真だけ掲載。

DSC_0173.jpg


縦半分に切った竹に綺麗に土台がつけられており、
しっかり置けるようにしてあります。


コンパクトですが、作った人によって
全然違う世界ができあがるんだろうなと感じました。

DSC_0170.jpg

(スタッフだと何がつらいか・・・・・
見てるだけで体験できない!!)


さて、約2時間にわたる体験メニューが終了し
夜は鶴富屋敷にて懇親会が開催されました。

DSC_0178.jpg

今年は、スタッフも好き人の皆さんと一緒に
食事をとりながらお話しし、交流を深めるということで
一緒に楽しい時間を過ごしました。


今年度は特に足しげく通いお世話になった
鶴富屋敷さんの趣向を凝らした料理を
美味しくいただきながら好き人の皆さんとお話ししました。


途中で好き人の皆さんから
自己紹介&椎葉の魅力などを語ってもらい、
皆さんの椎葉を知ったきっかけや感動したこと
椎葉への熱い想いを聞くとすごく嬉しい気分になりました。
(わたくしKは、今は椎葉村民ですので。)


椎葉を愛してくれる人が村外いや、県外から
やって来てくれるというのは本当に嬉しいことだと感じました。


ちなみに、私が座ったグループには
下関から3世代でいらっしゃった方々がおり、
下関といえば今年度の平家まつりで
上臈道中が披露されたことなどを話しました。


今年は、好き人だけでなく村内からの来賓や
私たち地域振興課・観光協会のスタッフなどの
自己紹介もありました。


私は、
「今日はスタッフとしておもてなししていますが、
椎葉を離れたら好き人として椎葉に帰る!」と
宣言してきました。


「こんなにも素晴らしい時間を過ごせる感謝祭は
好き人としておもてなしされたい!!」
と思いながら、
スタッフとして後片付けを行い
2日目に備えるのでした(笑)


日時:2013年3月 5日 08:00  投稿者:椎葉駐在員

   ページの先頭に戻る

ホーム |  中山間地域の概要 |  いきいき集落 |  おでかけスポット |  駐在員ブログ |  お問い合わせ |  プライバシーポリシー |  サイトマップ |  リンク集