椎葉ブログ

2012年11月の記事

椎葉平家まつり2012

11月9日から11日にかけて
「椎葉平家まつり2012」が開催されました。


9日、夕方からの「鶴富姫法楽祭」から
始まった平家まつり。


今年も、かがり火による幻想的な雰囲気のなか
鶴富姫が鶴富屋敷から大八郎が待つ陣屋敷へ向かい
逢瀬がかないます。


この後、神事や琵琶演奏、神楽が披露されました。


私は、上椎葉神楽の一員として
神事の一つである、献饌を行いました。

IMG_1949.JPG


まさか、平家まつりのステージにあがることができるとは
思っていなかったので、個人的にとても感動しました。


その後、上椎葉神楽による「かんしい」(太刀を持った4人舞)が
披露され、私は鐘叩きを行いました。


去年、平家まつりで初めて見て好きになった「かんしい」を
1年後、舞台の上で携わることができて
本当に嬉しかったです


1日目は無事、鶴富姫の慰霊とまつりの安全を
祈願することができました。


しかし、まつりの1週間前から課内では
天候が気がかりで仕方ありませんでした。
(月曜日の時点で土日の降水確率70%だったので)




~~~2日目~~~

2日目は例年とは違い、
・河野知事が騎馬武者として大和絵巻武者行列に出演

・山口県下関の「上臈道中」(じょうろうどうちゅう)の披露
上臈道中入水された安徳幼帝をとむらうため、
        その命日に女臈に身を落した平家の官女達が
        参拝したことに始まったもの


この2つがあり、「天候による中止は避けたい!!」と
思っていましたが、なんとか天気がもってくれて開催できました。


私は、パレードの民謡会の荷車押し担当でしたので、
スタンバイ中に知事の勇ましい騎馬武者姿を見ることができました。


以前も、ブログに書きましたが
「知っているだけではダメ、椎葉に来てほしい」


知事の椎葉平家まつりへの出演、本当に嬉しかったです。

DSC_0122.jpg

さて、大和絵巻武者行列のあとは
すぐ上臈道中の対応があり、披露場所へ向かうと
多くの人が詰めかけていました。


周辺整理が仕事だったのですが、
初めて見る人や写真撮影する人が大変多く集まり
想像を超える混雑状況で大変でした。


この後、ステージ上で、「海峡上臈絵巻」が披露され
このときは、やっと落ち着いてみることができました。


私も見るのは初めてでしたが、
近くで上臈の姿を見たときはドキッとする
艶やかさを感じました。


2日目は、五ヶ瀬町駐在員の三谷くんなど県庁のメンバーに会い、
同期が平家方姫としての出演してくれるなど、
みんなの来村に感謝するとともに応援してもらって嬉しかったです。


なによりも母親がバスツアーで駆けつけてくれたことが嬉しかったです。
母親が希望していた「おつるちゃん」との対面、写真撮影もできました。


この日は、4時過ぎから雨が降り始め
パレードの時間に降ることはなく、ホッとしました。


夜は、「郷土芸能の夕べ」ということで
太鼓、民謡、神楽が披露され、
椎葉の伝統芸能の魅力を存分にお伝えできました。




~~3日目~~

朝から激しい雨が降ったりやんだりの悪天候のなか
準備を進めました。


まず、宮崎学園高校吹奏楽部による
ミニコンサートからスタートということで、
生徒の皆さんは、雨のなか楽器の運搬や準備は
かなり大変だったかと思います。


しかし、今年も楽しくてエネルギーを感じる
ミニコンサートを披露してくれました。


次の「平家の里・コンサート」は堀内孝雄さんが出演され
会場は大いに盛り上がりました。


午後の「大和絵巻武者行列」は、
ときどき日が差し込むなか行列がスタート。
無事に往路・復路を終えることができました。


今年は終始、天気が心配されましたが、
土日共にパレードが実施できました。


多くの方に平家まつりに来ていただき
楽しんでいただけたのではないかと思います。


片付け後、反省会が行われ
今年の平家まつりの主役(大八郎・鶴富姫・観光しいば)と
少しだけでしたが、お話することができました。



みんなで作り上げる平家まつりは、
今年も多くの感動と魅力を発信することができました。


日時:2012年11月13日 08:00  投稿者:椎葉駐在員

秋の例大祭

11月4日(日)に
椎葉厳島神社で秋の例大祭がありました。


3日の朝から集合し作業開始!


まず、上椎葉街道の端(六弥太)から
神社付近までしめ縄を張ります。


切れ目があまりないようにつなげていくので、
時々、脚立を使用したりするなど
高所にも設置しながらつなげていきます。


しめ縄を張り終えることにはお昼前に。
(ちょっとお昼休憩・・・)


次に、軽トラに大量の御幣を積み込み
一つ一つ一定の間隔でしめ縄に御幣を挟んでいきます。
赤・黄・緑・紫の御幣が綺麗に並びました。


作業を終えて、神社に帰ると
神輿が!!


秋の例大祭では、地区の子供たちの
「こども神輿」があります。


神輿を組み立て、装飾をつけたら完成。
一通り作業を終え、この日は解散。

DSC_0111.jpg


翌日、神社に集合しお祓いなどを済ませ
子どもたちのもとに神輿を運搬。


多くの子供たちが待っていて大変賑わっていました。


宮司から例大祭の説明を受けた子供たちは
早速、神輿へ。

DSC_01100.jpg


私も、子供たちの補助ということで
神輿を持ち一緒に上椎葉街道を練り歩きました。


最初は、元気のいい掛け声とともに神輿が担がれるのですが、
距離が進むにつれ子供たちに疲れが・・・
どんどん神輿が重くなるから分かるのです(笑)


ここは、おじさん・・あっ!お兄さん(←ここ大事!)が
フォローしながら神輿を進めます。


さすがに終盤はバテバテでしたが、
なんとか神社まで担ぐことができました。
(ちなみに次の日、筋肉痛)


神社にて、子供たちは神輿の下をくぐり
お祓いを受けて無病息災を祈願しました。


さて、次は神楽奉納ということでお着替え。


まずは、神事から始まり
私は、初めて献饌(神様にお供えをする)を行いました。


所作を一通り教えてもらったのですが、
慣れない動きはなかなかすぐには身につかないものです。


榊を挟んだ和紙を挟み、供え物に
息がかからないようにするのですが、
唇だけで挟むと疲れて唇が震えだして大変でした。


神楽は式三番と大神神楽が奉納されました。
私は、式三番の鐘を叩いて、大神神楽を舞いました。


去年の冬の神楽で舞っていたこともあり、
精神的にもかなり楽で周りの様子を見る
余裕があったので、非常に楽しかったです。
(練習の時は、かなり忘れていることも多かったのですが・・)


秋の例大祭は神楽の賑わいとともに無事終了。


今週末は、椎葉平家まつり。
そして冬の神楽へと行事が次々に待っています。


椎葉が一年のなかで、大いに盛り上がる季節となりました。


今年もいい思い出と経験を作るぞ!!


日時:2012年11月 6日 08:00  投稿者:椎葉駐在員

« 2012年10月 | ブログのトップページへ | 月別記事一覧へ | 2012年12月 »

   ページの先頭に戻る

ホーム |  中山間地域の概要 |  いきいき集落 |  おでかけスポット |  駐在員ブログ |  お問い合わせ |  プライバシーポリシー |  サイトマップ |  リンク集