椎葉ブログ

土俵開き

20日(土)~21日(日)にかけて
「椎葉土俵開きイベント」が開催されました。

DSC_0092.jpg


貴乃花部屋と立浪部屋、高校の相撲部員など
多くの方に来村いただきました。


土俵開きイベント後、「ふれあい相撲」が行われ
村内の子供たちと力士が相撲を取りました。


子どもたちにとっては大きな力士と相撲をとる
貴重な体験となったでしょうし、
会場は大きな笑いと歓声に包まれ
力士の皆さんのおかげで楽しい時間となりました。


昼食時は、椎葉村の食材を使った
貴乃花部屋のちゃんこ鍋が振る舞われました。
私は、来賓者への配膳などで動き回っていて
匂いだけおいしくいただきました。


午後からは、「第1回椎葉交流相撲大会」と称し
力士と高校生が団体戦で取組を行いました。


初めて見る相撲の取組はとても迫力がありました。
服を着ていると大きく見えない力士や部員も
非常に大きく見えました。


結果は、埼玉栄高校が優勝し
全勝の生徒もいてビックリしました。


大会後は、記念植樹が行われ
イベント1日目が終了しました。


2日目は「公開朝稽古」ということで
7時には会場に入り準備を行いました。


稽古は柔軟や四股など基礎的なものから始まり、
取組になると、勝敗がつくたびに
力士が取組相手に名乗りを上げて
取組の権利を得るという積極性や意気込みが
感じられる稽古でした。


稽古中、貴乃花親方は四股を踏んでおり
特に足が上がった時は、ぶれることなく
姿勢を維持しており、とてもきれいでした。


四股をみて感動するとは思いもしませんでした。


最後は、貴乃花親方も稽古相手となり
特に高校生にとっては貴重な経験になったと思います。


稽古後、力士・部員の皆さんは食事をとり
私たちスタッフもちゃんこ鍋をいただくことができました。


季節を問わず、一人鍋をするくらい鍋好きな私にとって
相撲部屋のちゃんこ鍋が食べられるなんて・・・
本当に嬉しかったです。


塩ちゃんこということで、あっさりしたダシのなかに
うまみがたっぷり詰まっていました。


食事後、最後に親方や高校の監督などから
挨拶をいただき、離村となりました。


貴乃花親方の相撲に対する熱い想いや言葉が聞けました。


来年以降も末永く椎葉村との交流を続けていただければと
思いながら見送りました。


今回のイベントを通じて力士や相撲が、
かなり身近になりました。


これからは、HPなどを通じて場所の成績などを確認して
応援していこうと思います!



日時:2012年10月25日 08:00  投稿者:椎葉駐在員

   ページの先頭に戻る

ホーム |  中山間地域の概要 |  いきいき集落 |  おでかけスポット |  駐在員ブログ |  お問い合わせ |  プライバシーポリシー |  サイトマップ |  リンク集