西米良ブログ

2010年12月の記事

平成22年 締めくくり

トライアスロン歴 6年目。亀さんアスリートの私ですが、亀は亀なりにプライドがあり、レースの際に決めていることが2つあります。

 

一つ目は・・・「絶対に、後ろを振り向かない。」

 

 どんなに後ろが気になっても、後ろを振り向かない。後ろを振り向くエネルギーがあるなら、前に進むことに使う。

 

二つ目は・・・「やめ! と言われるまで、進み続ける。」

 

 亀さんアスリートのため、制限時間や関門すれすれのレースを度々味わいますが、「時間切れ、ここまで」と言われるまで、絶対にあきらめない。

(もちろん、体調不良になり、周囲に迷惑をかけない範囲ですが・・・)

 

今のところ、この二つは守り続けています。

 

 

12月23日(祝) 第55回児湯郡町村対抗駅伝競走大会

 

今年も、やってきました。この日が。

昨年度、23年ぶりの出場を果たした西米良村。今年も、担当の○葉君が、ありとあらゆる人に声をかけ、無事出場を果たしました。

 

今年のチームの特徴は、

① 保育所まで西米良に在住していた○村選手(なんと、6区で区間賞を獲得)がふるさと選手として出場

② 女性2名(西米良中学校体育の先生と私)出場

③ 外国人選手1名出場(ALTウッズも、1週間前に急きょ出場決定)

④ 9名ぎりぎり、控え選手なし

 

ざっとこんな感じです。

結果は、最下位

去年に引き続き、応援に来た母曰く、

西米良おもしろすぎる。女が走るかと思えば、区間賞はおるし、外国人選手までおる。おもしろすぎる。」

そうです。

 

実際、1週間前に急きょ出場が決まり、心の準備もままならないALTウッズにタスキが渡った時のこと。

ニューヨーク生まれニューヨーク育ち、シティーボーイのウッズなのに、ワイナイナ選手など世界で活躍する選手と混同したようで、

「走りが軽い。やっぱ違う。」

と沿道からどよめきが起こったとか・・・。

 

 

私はと言えば、言い訳になりますが、準備不足・努力不足です。申し訳ない。

 

なにはともあれ、ここ3か月ほど胸につっかえていたものがやっととれました。

これで私も、めでたく平成22年が終われます。

 

皆様、1年間お世話になりました。

よいお年をお迎えください!

ekiden1.JPG ekiden2.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※ 今回も、うちの母上がプラカードを持って応援に来てくれました。

  私が寝るのを確認して、夜中に作ったそうです。(字、間違ってるし・・・)

 「西米良は遠くて、応援がいないからよろしくお願いします。」と、周りの人に飴を配ってまわったそうで・・・

  どうりで、皆が名前を呼ぶはずだ。

 

 

 

日時:2010年12月28日 08:00  投稿者:西米良駐在員

米良フォトギャラリー 32

メリークリスマスですね。

 

まずは、西米良のクリスマス情報から

◆ほおずきツリー◆

 

turi.JPG

 

毎年恒例、西米良特産の「ほおずき」を使った

『ほおずきクリスマスツリー』

現在、西米良温泉ゆた~とのロビーに、これも村内で切ってきた7~8メートルする本物のモミの木に、電飾をほどこした「ほおずき」を

「村民の数」+「○○○○○○」の数だけ飾ってます。

ちなみに、今年の「ほおずき」の数は、1,232個

 

この飾り作りも飾り付けも、村民の手で行いました。

12月28日まで、皆を優しく照らします。

 

 

 

 

 

 

◆福がくるぞ◆

 

村に、陸奥部屋のお相撲さん2人が来てくれました。

後で聞いたのですが、お相撲さんって『福』を運ぶそうですね。

私、その情報なしに、お姫様だっこまでしていただき、村の女性陣から羨望のまなざしが・・・

これは、来年、村にも私にも福が来ますね。

sumou1.JPG sumou2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆大当たり◆

 

村の商店街で、歳末謝恩セール抽選会をやってました。

子どもたちが特賞を当てているのに、私はハズレの駄菓子1個。

これは、来年に向けて運を貯めてますね。

tyusenn.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PS 米良フォトと全く関係ありませんが・・・

 

   「最近、私に起こる異変が一つ = どこに居てもお年寄りに声をかけられる

  特に、おばあちゃん。

 

 村内で声をかけられるのは、前からでしたが、最近は、宮崎市内、出張先の鹿児島市、福岡市、プライベートで行った温泉でも、磁石で吸い寄せられるように、おばあちゃんが近づいてきては、身の上話、拾った物の話、今一番おいしいものの話など・・・していかれます。

 

 西米良チックな雰囲気が漂っているかもしれません。

日時:2010年12月24日 08:00  投稿者:西米良駐在員

米良フォトギャラリー 31

久しぶりの米良フォトです。

いつの間にか、西米良も真冬になりました。

昨年の今頃は、足の裏にカイロ、腰にカイロ、タイツで耐えていたように記憶していますが、今年は、まだ、足裏のカイロを使っていません。

 

寒さに慣れたのか、暖冬なのか、皮が厚くなったのか、皮下脂肪が増えたのか・・・・・・

 

◆神楽の季節◆

kobaru2.JPG kobaru3.JPG kobaru1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

西米良の12月は神楽の季節です。今年は、

12月4日 狭上稲荷神社・児原稲荷神社

12月11日 小川米良神社

12月18日 村所八幡神社

12月24日 竹原天満神社

で夜通し33番が奉納されます。

 

稲荷神社は<商売繁盛>、村所八幡神社は<戦の神様>、竹原天満神社は<学問の神様>

じゃあ、小川米良神社は??? いわなが姫が祀られているから<美人の神様>かなあ・・・

と勝手に思っていましたが、村の重鎮によると<五穀豊穣>だそうです。

 

同じ稲荷神社でも、しきたりに違いがあり、昨年うかがった「狭上稲荷神社」では、「猪の首」が飾られ、神楽奉納後には「猪汁」が出されましたが、

今年うかがった「児原稲荷神社」では、稲荷は狐の神様なので、神楽の際には4本足の動物の肉は口にしないそうです。よって、カレーライスもチキンカレーでした。

 

※写真は、「児原稲荷神社大祭」の様子です。

 

◆村所ぶらり歩き◆

西米良人が命の水を求めて歩く、「夜の村所商店街」

irumi1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は、村所地区のみなさんが作った「竹灯篭」が地区内を照らしています。

irumi3.JPG

 

 

日時:2010年12月20日 08:00  投稿者:西米良駐在員

現独 暖夢里の会(最終回)

(前回までのあらすじ)

「現独(現在独身)暖夢里(ダムリ・・・仲間、新戚)の会」の結成から約3か月半が経過。

N子さんが初回に発した「出し物」が現実になる日がやってきた。

 

 

<第5話=最終回>

「お笑い 寸劇 シャンシャン馬道中」は、

西米良村3大ビッグイベント「カリコボーズの温泉まつり」の2日目、

お昼前11時15分からというゴールデンタイムを確保していた。

 

前日の夕方、1日目の温泉まつり終了後、暖夢里の会で集まり、ステージ上で最終リハーサルを実施。

 

 

「お笑い 寸劇 シャンシャン馬道中」がどういうものなのかはおろか、

「現独 暖夢里の会」が結成されていることすら、

秘密が秘密にならない西米良村において、村民のほぼ全員が知らないトップシークレットである。

 

 

いよいよ本番

キャストのほぼ全員が、温泉まつりの運営スタッフも兼ねているため、

何とも説明し難い理由を述べて、持ち場を離れ、「出演者控え室」へ集合

 

 

男性陣に抵抗する隙を与えず、女物の着物の着つけと化粧が施されていく。

damuri1.JPG damuri2.JPG

花嫁、仲人(妻)は、

まるで

「歌舞伎の女形」

 

 

 

 

 

 

 

 

~~~「現独 暖夢里の会」の講演は、トップシークレットであったため、本番の写真撮影を頼んでおらず、講演の映像がございません。申し訳ございませんが、文章のみでお楽しみください。~~~

 

 

Kみさんが、「暖夢里の会」を解説、

本物の元バスガイド、K苗さんのガイドが始まり・・・

潮騒(波:Y子さん)が聞こえる中、

手に手を取り合って日南海岸を進む新郎(T高さん)新婦(G田君)の二人。

二人を祝福するように、 蝶々が飛び交い(Kみさん)、

鵜戸神宮に到着した二人は、早速「運玉(飴玉)」で運試し。

参拝後は、 西米良キッズのハートをわしづかみにしたシャンシャン馬(N友君、M葉君)に揺られ、

親族の待つ故郷へ

親族(仲人夫:K川、妻:S臣君)らと酒を酌み交わし、

「祝めでた」や「シャンシャン馬道中」(音楽:N子さん、Nキさん、Tシさん、Fカさん、K江さん)が響くなか新たな門出をスタートさせた。

 

 

 

damuri3.JPG damuri4.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ステージの最後は、N子さんが代表あいさつを・・・

「暖夢里(ダムリ)とは、米良弁で、新戚、仲間という意味があります。

 私達の村は、1200人しかおりません。1200人みんな、家族のようなもんです。

 この1200人全員で頑張っていきます。」

 

 

 

こうして、「現独 暖夢里の会」のファーストステージ(2回目があるのか?)は幕を閉じた。

damuri5.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日時:2010年12月13日 08:00  投稿者:西米良駐在員

現独 暖夢里の会(第4話)

(前回までのあらすじ)

西米良版合コンにより、親睦を深めた「現独(現在独身) 暖夢里(ダムリ・・・新戚、仲間)の会」。

「暖夢里の会で出し物すっかい」というN子さんの発言は、忘れられたかに思えた・・・・

 

 

N子さん  「あんよ。温泉まつりに申し込んじょった。衣装合わせもあるから、一回打ち合わせした方がいいと思うとよ。」

 

 

N子さんの言った「出し物」とは、かつて、みどりGで行ったことのある、

 

 

『お笑い 寸劇 シャンシャン馬道中』

 

 

当初は、「いきいき祭」(村の文化祭)で披露予定であったが、準備が間に合わず、村内の大きなイベントベスト3に入る、「第6回 カリコボーズの温泉まつり」で披露することになったのだ。

 

N子さん 「花嫁さんは、G田君がいいわ。心配せんでいい。きれいに作っちゃる

      よ~~しゃ。生きがいができた!

Y子さん 「馬は時々、足をこうあげんといかんとぞ。」

 

やはり、経験者の言うことは、奥が深い。

 

 

そして、衣装合わせ

damuri1.JPG damuri2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みどりGの皆さんが、押入れやタンスからひっぱり出してきた数々の衣装と小道具。

祭りとなれば、あちこちから加工品出品の依頼が多く、超超超多忙なはずなのに、いつの間に準備したのか????

そして、最後にキャストの確認

 

解説  Kみさん

バスガイド  K苗さん

三味線  N子さん、Nキさん

唄     K江さん、Tシさん、Fカさん

波     Y子さん

花嫁  G田君

花婿  T高さん

馬1  N友君

馬2  M葉君

仲人(夫)  K川

仲人(妻) ?????

 

マズイ。仲人(妻)が一人足りない。

 

翌日、伴侶を求めて、K川が、役場の美青年S臣君(もちろん現独)に、困ったときの殺し文句

一生のお願い(1回目だけど・・・)。」を発動し、見事スカウト成功!

こうして、準備はすべて整った。

 

・・・・・・・つづく・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

日時:2010年12月 9日 08:00  投稿者:西米良駐在員

現独 暖夢里の会(第3話)

(前回までのあらすじ)

意味が分からないまま参加した「西米良版合コン」

そして、その席で、現独(西米良在住の現在独身)によるダムリ(親戚・仲間)の会が発足。

「現独 暖夢里の会」の発展を祈りつつ、1回目の合コン?会合?は幕を閉じた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「現独 暖夢里の会」2回目の会合は、西米良らしく、暖夢里の会メンバー K江さんの息子 K介さんの作小屋で行われた。

 

残暑厳しい9月上旬。

この日は、最近来村したばかりのALT ウッズ(もちろん現独)、インターン生ふみなっち(もちろん現独)、保育所のアイドル ふーみん(もちろん現独)、お世話係 Kさん、新人お世話係 Mさん、家主 K介さん、家主の妻 Yさんも加わり、大勢・豪華な顔ぶれとなった。

 

女性陣(みどりG)と事態を理解できていない家主は、早朝から作小屋の掃除、食事の準備をし、出迎えてくれた。

damuri6.JPG damuri5.JPG damuri4.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メインディッシュに、家主手作りの石窯で、手造りピザを焼き、御馳走をいただきながら会合が始まる。

damuri1.JPG damuri2.JPG damuri3.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性陣(みどりG)から、この日のために練習してきたハーモニカの演奏もあり、作小屋の夜は賑やかにふけていく。

damuri7.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、花火を楽しみ、2回目の会合はお開きとなった。

damuri8.JPG damuri9.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この夜、西米良人にとって命の水とも呼ばれる焼酎を大量に摂取したALTウッズが、作小屋宿泊コースをたどり、「ごめんなさい」を連発。

 

この日をきっかけに、男性陣は昼休み、加工所によっては昼食を御馳走になることも・・・。

 

男性陣の胃袋を完全に射止めた、女性陣(みどりG)であった。

 

・・・・つづく・・・・・

 

日時:2010年12月 4日 08:00  投稿者:西米良駐在員

現独 暖夢里の会(第2話)

(前回のあらすじ)

7月の某土曜日、意味も分らないまま参加した飲み会。

それは、西米良在住の現独(現在独身)による、世代を超えた 「西米良版合コン」 であった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

合コンは、女性陣(みどりG)による美味しい手料理と、軽快なトークで順調に進む。

盛り上がってくると、必ず出てくるのが「アレ」である。

 

N子 「ほら、何か出せ(歌え)」

Nキ 「そしたら、 『祝いめでた』を歌おうかねえ。 トシちゃん、合いの手して」

damuri3.JPG

 

 

加工所に朗々と響く、「祝いめでた」

かつて米良地方で結婚式の三三九度の際に歌われた歌。

 

 

 

 

 

Nキ 「よっしゃ。あんた達が結婚するときは、私らが歌ってやるからね。でも、早うしてくんないよ。いつまでも、待っちょられん。」

と、プレッシャーをかけつつ、立て続けに、青春時代の歌を3~4曲披露。

 

みどりG 「今度は、あんた達(男性陣)が何か歌ってくんない。」

男性陣  「ええええ。 皆さんの歌の後に歌うのは、無理ですよ。次回までに練習しときます。」

 

と、丁重にお断りし、宴は進む。

 

すると、さっきからG田君の様子がおかしい。ず~っと携帯をいじっている。

皆、気になりつつも宴続行。

 

N子 「現独の会、っていうのも何か味気ないねえ。何かええ名前はないかねえ。」

Y子 「ダムリでいいたい。ダムリで。何のダムリかっちゅうたら、現独よ。」

 

※ ダムリ・・・米良地方の方言で、「親戚・仲間」を意味する

 

N子 「ダムリの会。ええねえ。せっかくじゃからダムリの会で今度、何か出し物すっかい

 

こうして、 『現独 ダムリの会』 が発足。 のちに、世話役のKさんが 『暖夢里』 という字をつけてくださり、めでたく

『 現独 暖夢里の会 』 が誕生したところで、そろそろお開きの時間が・・・。

 

G田君 「あのう・・・すみません。さっきは今日は歌わないって言ったんですけど・・・。今日、こうやって御馳走にお招きしてもらい、歌を聞かせてもらったお礼と、ダムリの会誕生のお祝いに1曲歌わせてください。」

 

こうして、男性陣による ササンオールスターズの「TSUNAMI」 が披露される。

さっきから携帯をいじっていたのは、歌詞に自信がなかったため、歌詞をダウンロードしていたらしい。

女性陣(みどりG)は「TSUNAMI」を知らない。でも、この表情!

damuri4.JPG

damuri5.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいところあるじゃん。G田君。

N子さんの言う「出し物」って・・・感激と不安が混ざりつつ、1回目の合コンは終了した。

 

・・・・つづく・・・・・・

日時:2010年12月 1日 08:00  投稿者:西米良駐在員

« 2010年11月 | ブログのトップページへ | 月別記事一覧へ | 2011年1月 »

   ページの先頭に戻る

ホーム |  中山間地域の概要 |  いきいき集落 |  おでかけスポット |  駐在員ブログ |  お問い合わせ |  プライバシーポリシー |  サイトマップ |  リンク集