西米良ブログ

2010年8月の記事

こづまろ夜むらしょ

8月21日(土)  『第3回 こづまろ夜むらしょ』

が「西米良温泉ゆた~と」森林浴デッキで行われました。

 

『こづまろ』 とは米良弁で 「集まろう」 という意味

「皆で集まって、笑って踊ってワイワイやろうよ」という村内最大人口約580人の「村所地区」が開催する、100%地区民手作りのお祭りです。

 

17:00 お祭りスタート

 いつものことながら、準備段階から出来上がり始めた地区民が、森林浴デッキに腰をおろします。

 温泉玄関付近では、JA女性部や、みどりグループの方々が、

 おつまみの「おにぎり、赤飯、串刺し、味噌だご、よもぎ団子、鮎の塩焼き」の販売です。

 どの品も盛況で、本格的なステージイベントが始まる18時頃にはほぼ完売でした。

ayu1.JPG

ayu2.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 18:00 オープニングを飾る、「米良太鼓」演奏

 

meradaiko1.JPG meradaiko2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                     

日が暮れた、19:00すぎ。今年の目玉! 『光の祭典』点灯式

 

hikari4.JPGのサムネール画像hikari2.JPGのサムネール画像 hikari1.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像  

 

 

 

 

 

 

 

 

hikari3.JPGこの日のために、「こづまろ夜むらしょ実行委員会」の皆さんが、夜な夜な集まり作りました。

 

 

 

 

 

 

 

tsutomu.JPG

 

                         実写版、カリコボーズもお仕事です。 ⇒  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

takobo.JPG

 

 

ブラスバンドの演奏のころには、完全に出来上がった

「T坊あんちゃん」 が、感極まって飛び入り参加。

よくあることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

noriyosi.JPG

光の祭典のアイデアから、セッティングなどなど・・・

村のエジソンとも言われる

「こづまろ夜むらしょ実行委員長」のNよしさん

いつも控え目ですが、「ものづくり」となると、先頭に立ち、黙々と丁寧な仕事をされます。

 

大変お疲れ様でした。

 

 

日時:2010年8月31日 10:00  投稿者:西米良駐在員

米良フォトギャラリー21

◆仲間が増えました◆

nakama1.JPG nakama2.JPG

 

 

どんな美人美男より、村で一番人気があるのは、

「赤ちゃん」

です。

 

 

 

 

◆夏の「おがわ作小屋村」◆

「おがわ作小屋村」お食事処で一番人気の

 『おがわ四季御膳』

ogawa1.JPG

 

御膳のふたを開けると、そこには16皿。

「四季御膳」というだけあって、季節ごとにメニューが変わります。

メニューづくりから調理、もてなしまで「小川のおばちゃん」が行います。 

『「小川」でとれるもので、普通に食べられている食材だけれど、それでいて「あっ」驚くような調理のしかた、見せ方がしたい。』

 

おばちゃん達の研究は続きます。

 

 

 

※一番手前右から2番目が、いつだったか「諸塚」のブログで話題にでた「サドガラ(イタドリ)」です。

 

 

 

ogawa3.JPG

ogawa4.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ogawa2.JPG

 

 

小川地区が目指す 「桃源郷」

 

30年後はどんな姿になっているのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

musibute1.JPG musibute2.JPG

「イヌビワ(ムシブテ)」

イチジクの仲間

茎に傷をつけると、白い液がでます。

熟すると黒くなり、ウサギの大好物です。

 

 

日時:2010年8月20日 14:45  投稿者:西米良駐在員

祝めでた

「祝えめでたの 若松様よ

      枝も栄える 葉も茂る」

 

上記は、米良地方に残る 『祝めでた』 という歌です。

 

 

実は、この歌3番まであるそうで、かつては「結婚式の三三九度」の際に必ず歌われていたそうです。

 

 

三三九度が終わると同時に、「祝めでた」も歌い終わるとその結婚はうまくいくと言われ、

遅くても早くてもいけないので、歌い手は花嫁花婿の様子を見ながら

「いわ~~え~ め~~~~で~~た~~」と伸ばし具合を加減して歌っていたそうです。

 

 

歌の雰囲気は、かつて山仕事の際に歌われた「木おろし歌」に似ています。

木々の間をこだまする感じです。

 

「Yちゃんの時は、私が歌うたね。Kちゃん時は、誰が歌うた?」

今でも、この長~いフレーズを朗々と歌い上げる今年で90歳のNさん。

もともと口伝えで伝えられた米良地方の歌。

今は楽譜に残されていますが、微妙な揺らし具合や強弱は残すことができません。

 

 

昔はね、結婚式ていうたら必ず夜じゃったとよ。そして朝まで飲み続けよ。

 花嫁は自分の髪で日本髪を結って、裾だけに華やかな模様の入った黒の着物を着てねえ。

 先導役が提灯もって、花嫁の足元を照らして花婿の家に行ったもんよ。

 

 

西米良のおばちゃん達の雑談には、必ず私の心に留る話があります。

 

 

※ 西米良の夏の風物詩  「ほおずきイルミネーション」 実施中

hozukityotin.JPG

 

 

日時:2010年8月12日 08:00  投稿者:西米良駐在員

« 2010年7月 | ブログのトップページへ | 月別記事一覧へ | 2010年9月 »

   ページの先頭に戻る

ホーム |  中山間地域の概要 |  いきいき集落 |  おでかけスポット |  駐在員ブログ |  お問い合わせ |  プライバシーポリシー |  サイトマップ |  リンク集