西米良ブログ

2010年6月の記事

米良フォトギャラリー⑰

◆役場の日常◆

 

「宿直室」

役場の男性職員には、1ヶ月半に1回のサイクルで宿直当番が回ってきます。

これにより、西米良村役場には、24時間 ・ 365日(もちろん、盆正月もです。)役場職員が常駐しています。

shukutyoku1.JPG shukutyoku2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆すくすくスクール◆

 

 

sukusuku1.JPGのサムネール画像 sukusuku2.JPGのサムネール画像

 

村所小学校1~3年生

 

カラフルなエプロンと三角巾に身を包み、気分はヒートアップ!!!

 

 

 

 

 

 

放課後学習の一環として行われている 『すくすくスクール』

地域の大人が講師です。この日は、役場隣にある集落センターで「こどもの料理教室」と題し、おやつ作り。

「かぼちゃとごまの茶巾団子」

講師は、JA女性部長さんや村の調理師さん。

子ども達がするのは、ラップにのせてもらったペースト状のカボチャとゴマの形を整えること。

 

カボチャをふかしたり、味付けしたり、栄養価を考えたり・・・下準備をする大人あっての料理ですが、子ども達は十分料理をした気分が味わえ、大喜びです。

 

 

 

 

◆ランコース その1◆

 

course1.JPG

 

 

4月下旬、私のランコースに突如現れた土砂崩れ

 

 

 

 

 

 

course2.JPG

 

ショートカットコースの場合は、この青い橋「元米良橋」で曲がります。

 

「ゆっくり走ろう 米良の道」・・・でも私は速く走れるようになりたい!

日時:2010年6月29日 08:00  投稿者:西米良駐在員

ぬか床の話

西米良でどこそこ訪問して最初に出されるのは、 「 お茶とお漬物 」

 

今日は、お漬物つくりに欠かせない 「ぬか床」 の話です。

 

先日、みどりグループのおばちゃん達と話をしていた時のこと・・・・・

 

 

ぬか床に入れるものは、全家庭、全部違うよ。

Nさんとこのは、美味しいよね。たぶん「鶏」が入ってるね。

ここら辺では、 「ぬか床」に「鶏の頭」を入れるのよ。これが、いいダシになっておいしくなるのよ。

「鶏の頭」って言ってもきれいよ。きれいに毛をむしって、湯がいてツルツルしてるから。

でも若いころは、混ぜるときヒョコっと頭が出てくるのが怖かった~。

酢が出てきたら、何でかわからんけど昔から「卵の殻」を入れるね。

昔は嫁入りするとき、母親から 「 ぬか床 」 を持たされよったよ。

 

 

「Nさんとこの ぬか床」・・・・

現在Nさんが90歳。おそらくそのNさんが「嫁入りセット」として持たされた「ぬか床」に継ぎ足し継ぎ足ししてあるもの。

 

母から娘に引き継がれるのは、着物や指輪だけではないんですねえ。

 

そして、そこからできる「お漬物」。

 

これからは、心していただきます。

 

 

 

 

 

 

 

P1000867.JPG P1000871.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※ 写真は、 「『くさぎな』のいりこ炒め」

  『くさぎな』とは、「クサギ(臭木)」を乾燥させた山菜。独特の苦みがあります。

  このあと、白ご飯に混ぜていただきました。

  高菜の油炒めとはまた違い、大人の味。ご飯がすすみます。

  プチダイエット中ですが、あまりに美味しかったので特例として2杯いただきました。

  きっと皆さん気に入ると思いますよ。

日時:2010年6月25日 08:00  投稿者:西米良駐在員

米良フォトギャラリー⑯

◆錬心館(れんしんかん)◆

 

西米良では昔から 『剣道』 が盛んです。

 

理由は、 「菊池氏の統治下にあったこと」

 

米良に落ち延びて、米良一帯を治められた「菊池氏」

山深いこの地に大勢の武士を連れて来ることは不可能です。

よって、菊池氏統治下では、 「領民皆武士」

農民にも武士同様、学問と武術を学ばせたとも言われています。

 

 

kendo1.JPG kendo2.JPG

 

教えるのは地域の大人

 

近所のおじちゃんもこの時は、

「先生」です。

 

 

 

 

 

 

 

kendo3.JPG kendo4.JPG

 

防具を着けるのも一苦労。

最近は、女の子もなかなかやります。

 

 

 

 

 

 

 

 

◆梅雨の西米良◆

 

 

kaeru.JPG 

 

 

 「フキ」を撮影したら偶然写っていました。

 

 

 

 

 

 

yamaguwa1.JPG yamaguwa2.JPG梅雨の中休み

 

『ヤマグワ』

赤い実は食べられるそうで、昔は山村の子ども達のおやつだったそうです。

 

 

 

 

 

sirotumekusa.JPG  

 

『シロツメクサ(白詰草)』

別名 : クローバー

花言葉 : 幸運、復讐心、感化、約束

 

 

     

 

 

yukinosita1.JPG yukinosita2.JPG

 

『ユキノシタ』

花言葉 : 恋心、切実な愛情

 

 

 

 

 

 

 

 

日時:2010年6月22日 08:00  投稿者:西米良駐在員

夏は来ぬ

『 夏は来ぬ 』

佐佐木信綱作詞    小山作之助作曲

(明治29年発表)

 

 

 

hana.JPG1 卯の花の におうかきねに

  時鳥(ホトトギス) 早も来鳴きて

  しのび音もらす

  夏は来ぬ

 

  卯の花の垣根で、ホトトギスが鳴いている。夏が来たなあ。

 ※ しのび音(ホトトギスが声をひそめて鳴く声)

 

 

 

 

2 五月雨の そそぐ山田に

  早乙女が 裳裾ぬらして

  玉苗植うる

  夏は来ぬ

 

  梅雨の山田で、乙女が裾をぬらしながら田植をしている。

  夏がきたなあ。

 

※ 五月雨(梅雨時の雨)  ※ 早乙女(田植えをする女)  ※ 玉苗(早苗、田へ植える稲の苗)

 

 

saotome.JPG

otamajakusi.JPGのサムネール画像 

 

 

 

 

 

 

 

3 橘の かおる軒ばの

  窓ちかく 蛍とびかい

  おこたり諌むる

  夏は来ぬ

 

※ 中国の故事「蛍雪の功」を歌ったもの

 

 

 

 

先日、村長さんが、とある会議の挨拶で、「この時期の西米良は、まさに『夏は来ぬ』そのものだ。」

とおっしゃったのがどうしても気になったもので・・・。

 

梅雨時期にめずらしく晴れた日の午後8時頃、国道219号線沿いの一ツ瀬川へ見に行きました。

村所から熊本に向かう途中、数キロ。

一ツ瀬川沿いの山が、ホタルの光で「天の川」になっていました。 

 

 

 

 

日時:2010年6月18日 08:00  投稿者:西米良駐在員

米良フォトギャラリー⑮

6月の某雨上がりに村内を巡りました。

 

azami.JPG

 

『アザミ』

花言葉 : 独立、触れないで、権威

 

スコットランドの国花だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

matatabi.JPGのサムネール画像

『マタタビ』

この時期、緑色の葉が白くなるので遠くからでも一目で分ります。

疲れた旅人がマタタビの実を食べたところ、再び旅を続けることができたことから、「又旅」になったという説もあります。

キウイフルーツもマタタビ科だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西都から国道219号線を進むと、横野地区付近で、左手に私好みの「薄いピンク」が群生!

『山アジザイ』 です。

アジザイは村内あちこちに咲いていますが、このピンクは珍しいです。

(写真はピンクに見えませんね。すみません。) 

yamaajisai1.JPG yamaajisai2.JPGのサムネール画像

nijinotaki.JPG

 

「 虹の滝 」

おがわ作小屋村を過ぎて、小川川を上流にずーっとずーっと進むと、西米良が誇る2大滝(虹の滝・布水の滝)があります。

布水の滝は、水量が少なく、水が天女の羽衣のように薄く風に揺れます。

 

滝付近は6月とは思えないほど、ヒンヤリしていました。

 

日時:2010年6月15日 08:00  投稿者:西米良駐在員

カリコ姫の梅まつり

アルコールは鼻から水蒸気を吸引しただけで酔える私が、「梅酒」を作ってから早1年。

umeshu.JPGのサムネール画像 

 

こんなんなりました。

 

いい色になってます。

多分、飲み頃です・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

再び、梅の季節がやってきました。

ume.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 また「梅酒」か? いや、今回は学習し、「梅酢」 と 「梅味噌酢」 にしました。

 

水に2~3時間浸し、

水気を切ってフキンで拭き、

なり口のホシを爪楊枝で1個1個取り除いて

 

 

 

 

umesu.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

『 梅酢 』

1ヶ月くらいで出来上がるそうです。

酢の物につかってもよし、炭酸で割って梅酢サワーとして飲むもよし。

 

 

 

 

 

umemiso.JPGのサムネール画像

『 梅味噌酢 』

ドレッシングに最適!

菊川家は、サラダに「ぬた(味噌+酢+砂糖+ごま)」をよく使います。

今年の「ぬた」は梅風味になりそうです。

 

 

 

出来上がったら、報告します。

その頃には、きっと真夏ですね。

 

 

 

 

日時:2010年6月11日 08:00  投稿者:西米良駐在員

米良フォトギャラリー⑭

◆久しぶりの花シリーズ◆

 

 

 

ajisai1.JPG

 

『アジサイ』

花言葉 : 移り気、元気な女性、高慢

 

もう少しすると、平瀬(村所から熊本に向かう国道219号線沿い)に○旦さんが植えたアジサイが咲きますね。

 

 

 

 

 

『テイカカズラ』(定家葛)

花言葉 : 依存、栄誉

歌人・藤原定家が亡くなった後、彼の塚(墓)から不思議な草が生えだし、細いカズラを伸ばして、彼が生前恋心を抱いていた式子内親王の塚(墓)を覆いつくしたことからこの名がついたとか。

甘いジャスミンのような香りがします。

teikakazura1.JPG teikakazura2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ukituriboku.JPG

 

『ウキツリボク』(別名 : チロリアンランプ)

花言葉 : 様々な愛、尊敬、憶測、恋しくて

 

花言葉もいろいろありますね。

 

 

 

 

 

 

himejoon.JPG

 

             『ヒメジョオン』(姫女苑)

              花言葉 : 素朴で清楚

日時:2010年6月 8日 08:00  投稿者:西米良駐在員

米良フォトギャラリー⑬

◆役場の日常◆

西米良村役場には、さまざまな「当番」があります。

日直、宿直、救急待機、電話当番、トイレ掃除当番、ごみ分別当番、オフトーク当番・・・

ざっと思いつくだけでこれだけ。

 

P1000788.JPG

 

 

始業時間前のトイレ

 

グループ(係)ごとに1週間交替で当番が回ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

◆毎週水曜日◆

pan.JPG  村内に「パン屋さん」はありませんが、毎週水曜日には人吉からパン屋さんが来てくれます。

 

 各地区を回り、ちょうど昼休みになるころ役場前へ。

 

皆楽しみにしています。

 

 

 

 

 

◆旬のもの◆

 

yusuraume.JPG

ユスラウメ(桜桃)

花言葉 : 郷愁

村長さん宅の庭先に実ったそうで、持って来てくださいました。

甘酸っぱいです。

 

 

 

 

日時:2010年6月 1日 08:00  投稿者:西米良駐在員

« 2010年5月 | ブログのトップページへ | 月別記事一覧へ | 2010年7月 »

   ページの先頭に戻る

ホーム |  中山間地域の概要 |  いきいき集落 |  おでかけスポット |  駐在員ブログ |  お問い合わせ |  プライバシーポリシー |  サイトマップ |  リンク集