西米良ブログ

2010年3月の記事

米良のあさよむ

「むかし、日向の国の西米良に、 『あさよむ』 という、とんちのきく男がおったげな。・・・」

 

西米良村にコンサートホールはありません。

本屋さんはありません。

図書館はありません。(小さな図書室はあります)

 

しかし、 西米良村移動図書館『あさよむ号』 があります。

asayomu1.JPG

 

 

← 毎月23日は「あさよむの日」とし、村内を地区ごとに

  巡回します。

 

 

 

 

 

asayomu2.JPG

 

← 高齢者の多い村。図書館や本屋さんのある町まで

  なかなか行けない方も多いのです。

  借りていく方の年齢・性別は様々

  この日は、女性陣が多いようです。

 

 

 

 

asayomu3.JPG

 

 

←村の「ものづくり名人」浜砂N謙さんが、出し入れ自在の

  折りたたみ式本棚を作ってくれました。

 

 

 

 

 

本屋さんや図書館のない村の中で、少しでも本に親しむ機会を作ろうと、村の教育委員会が中心となって本年度からはじめた、 「村のあさよむ村民運動」 の一つです。

 

あさよむ号以外にも、年に2回 「あさよむフェスタ」 を開催し、「読み聞かせ」や、村の小学生が脚本を書いた「紙芝居」の披露、本の販売等を行いました。フェスタの運営委員は、村の小中学生と役場職員です。

yomikikase.JPG hanbai.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ないならないで、 とんち を効かせる」

これが、中山間地・西米良村の図書館です。

 

日時:2010年3月30日 08:00  投稿者:西米良駐在員

米良フォトギャラリー⑥

3月19日、久しぶりの天包山

「カリコボーズの宝探し」クイズ設置のため、衣装ケースを担いで、坊主岩コースを登りました。

タイムは、前回(昨年秋)と同じ、18分。でも、体が重い!やせなきゃ!

 

 

 

0319amatutumi1.JPG

 

最近の西米良は、昼夜の気温差が20度以上あることもしばしば。

麓は、春ですが、頂上はまだ霜柱が立ってました。

 

 

 

 

0319amatutumi2.JPG

 

4月29日(昭和の日)は、 『米良三山やま開き』 ですよ

私は、市房山登山予定。「一緒に登る人この指と~まれ」

 

 

 

 

 

 

yahho1.JPG yahho2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月19日、村所ぶらり歩き

0319minka.JPG 0319kinenkan.JPG tyugakkou.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月20日、毎月恒例、JA女性部村所地区の「ふれあい弁当」

 

0320bento.JPG 0320tume.JPGのサムネール画像 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0320houmon.JPG

 

「昔は、牛を飼ってたとよ。

牛が居なくなって(飼うのをやめて)1年くらい寂しかった。

でも、今養えって言われても、もうできんね。」

 

 

 

0320hanasi.JPG 

         帰り道、両親の様子を見に来た息子さんに遭遇

         車の中から立ち話

         村ではよくある風景        

 

 

 

日時:2010年3月26日 08:00  投稿者:西米良駐在員

いきいき集落「銀鏡地区」

3月13日、西都市銀鏡地区に行ってきました。

 

銀鏡地区は、かつて西米良村と同じく「菊池氏」が治められ、歴史文化生活の全てにおいて本村と濃密につながっており、今でも交流が続いています。

 

今回は、菊池氏の本家本元であり、西米良村の姉妹都市でもある「熊本県菊池市」交流訪問団の皆さんが、研修のため銀鏡地区まで足を延ばされるとのことで、私も同行させていただきました。

 

 

 

ryuubusa.JPG

 

以前に、当ブログに掲載した「いわなが姫」の手鏡が突き刺さったという 『龍房(りゅうぶさ)山』

突き刺さった手鏡が、昼夜を問わず光輝き照らしたことから、

『銀鏡(しろみ)』 という地名になったという説があります。

 

 

 

 

haka.JPG

米良領主5代目(重良公)、6代目(重隆公)、8代目(重季公)のお墓

 

菊池氏が米良に入られて最初の100年は銀鏡に、次の200年は小川に城を構えられたと言われています。

 

 

 

 

ここにも、小さい春が・・・

fukinotou.JPG sakura.JPG tukusi.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ryouri.JPG

 

民宿「しろみ」でいただいた昼食は、もちろん山の幸料理。

同じ素材でも、西米良とはまた違う味付けでこちらも非常に美味しかったです。

お膳右下は「椎の実(白)と樫の実(茶)の豆腐」です。

 

 

 

 

 

mai.JPG

 

 

 

殿様の前でした舞うことが許されなかったという舞

 

 

 

 

 

そして、 国指定重要無形民俗文化財 『銀鏡神楽』 のうち『神崇(かんし』を舞ってくださいました。

舞手は4人。五方五神を崇め、ますますのご守護を願うものだそうです。

kagura2.JPG kagura1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

kagura3.JPG kagura4.JPG

 

 

 

 

 

 

 

神楽について無知な私が言うのも何ですが、そんな私が見ても、

一点に曇りもなく、迷いの無い、息を呑むような素晴らしい舞でした。

 

 

 

 

ebosidake.JPG

 

 

確固たる歴史と伝統を土台に、

小さいけれども、しっかりまとまった

いきいき集落「銀鏡地区」の底力を感じさせられました。

 

 

日時:2010年3月23日 08:00  投稿者:西米良駐在員

米良フォトギャラリー⑤

3月10日、吹雪でした。熊本県境にある「横谷峠」は5cmほど積もってました。

fubuki.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月11日、再び福岡へ観光PRのためTV出演                    

guru8.JPG今回は、「おがわ作小屋村」PRのため、

Mさんと、おがわ婦人会Mな子さんが

NHK「ぐるっと8県九州・沖縄」に生出演!

この後、1時間、作小屋には県外からの問い合わせ電話

が鳴り続けました。

 

 

 

3月6日にリニューアルオープンした西米良温泉「ゆた~と」

 

新設されたギャラリー     新しくなった軽食カウンター   夜の森林浴デッキ

gyarari.JPG kaunta.JPG dekki.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月14日、おがわ作小屋村花見山植樹祭

shokuju1.JPG shokuju2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

3月14日  小川

 

民家石垣のコケ                             小川で紅葉を見つけました                  

koke.JPGのサムネール画像 kouyou.JPG

日時:2010年3月19日 08:00  投稿者:西米良駐在員

米寿になりました

3月4日、西米良村に住む2人のおばあちゃんが、 「米寿」 を迎えられました。

本村では、米寿を迎えられた方に社会福祉協議会からお祝いが贈られます。

 

oiwai.JPG 

特別養護老人ホーム「天包荘」では、ツルエさんの米寿祝いが、たくさんの友人に囲まれて行われました。

 

 

 

 

 

 

「天包荘」は村唯一の老人ホーム。

現在入所者は30名。そのほとんどが村出身者ですが、ご家族は仕事等の関係で村外にお住まいの方が多いそうです。

デイサービスも原則週6日行われており、希望者は送迎もしてもらえます。昼食付で1日400円です。

これらのサービスを約40名のスタッフで支えています。

 

             

tenpoutyaya.JPG

                               banduke.JPG 

←施設内に粋な茶屋を発見!        

こんなの見つけました。  →

ちなみに、ツルエさんは、前頭5枚目でした。

 

 

 

 

 

老人ホームとはいえ、「人が集まるところ、美味しいものがあるところ、何かが行われるところ」は全て娯楽にしてしまう西米良村民ですから、7月に行われる天包荘納涼祭は、特設ビアガーデンに皆が集まります。

 

※写真は、左「ビアガーデンの様子」、右「メラザイル」

nouryousai.JPG merazail.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

話しは、米寿に戻りますが、米寿祝いの後、ミニ音楽会が開かれました。

「今日は、ツルエさんのお祝いだから、ツルエさんのリクエストした曲にするね。何がいい?」とのスタッフの問いかけに、

ツルエさんは迷わず、 「竹原(地区)の歌がいい」と。

ongakukai.JPG                               

ツルエさんが子どもの頃から、地区で歌われていた歌を2番までしっかり歌ってくださいました。

 

自分のお祝いの日に、歌いたい歌がある。

それだけでも素晴らしいことですが、それが他でもない自分の育った場所の歌であるなんて素敵ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日時:2010年3月16日 08:00  投稿者:西米良駐在員

米良フォトギャラリー④

国道219号線、桜ロードは現在、1~2部咲きというところです。

sakura.JPG

 

『桜』

花言葉 : 精神の美、優美な女性

山桜がところどころに見えます。

 

 

 

 

 

mokuren.JPG

                                  『白木蓮』                     

                             花言葉 : 自然な愛、平凡

               庭に植えているご家庭が多いです。

 

 

 

 

 

iwatutuji.JPG

 

『岩ツツジ』

花言葉 : 情熱

かりこぼうず大橋から西米良温泉「ゆた~と」に向う途中に咲いてました。

 

 

 

 

 

【菊池記念館にて】

「カリコボーズのひな祭り」の名残が・・・・

isibina2.JPG

isibina1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「端午の節句」に向けて爆走中!!!

koinobori1.JPG koinobori2.JPGのサムネール画像 minikoi.JPG

日時:2010年3月12日 08:00  投稿者:西米良駐在員

ミツマタ・キヨシの花だらけ村

seiten.JPGのサムネール画像

 

 

2月28日(日) 前日の雨が嘘のような雲ひとつない晴天

 

 

 

熊本県球磨郡の県境に位置する『八重(はえ)地区』ミツマタの植栽が、地区民、中山間盛り上げ隊及び役場職員有志等の約40人で行われました。

 

mitumata2.JPG

 

ミツマタは、枝が必ず三つに分岐することが特徴で、上質の和紙の原料となり、日本では紙幣に使われています。

 

 

 

では、なぜ八重地区にミツマタなのか。

①鹿が嫌って食べないこと

②強い植物で、手入れが割と楽なこと

③八重地区を花でいっぱいにすることが清さん(78歳)と地区民の夢であること

 

遡ること1年前、宮崎大学の先生を招いて八重地区は「集落元気づくりワークショップ」をしました。

その時、集落元気づくりに向けた取組の一つとして挙げていたのが、

 「ミツマタ・キヨシの花だらけ村」  だったのです。

 

 

その日以来、清さんは、ミツマタの苗集めに奮闘し、昨年は、国道沿いに500本植栽しました。

そしていよいよ今回、1000本です。場所は、「八重活性化センター(公民館)近くの急斜面。

 

作業開始!

sagyou.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地区民 「20㎝ばかり掘って、根っこが見えんごとなればよかです。

      斜めになっても強か植物ですから大丈夫です。

      間隔は1m以上ですな。後は適当です。」(この地区はほとんど熊本弁です)

 

地区民 「これは、昨日のじゃなあ。」

そこには、黒く小さい楕円形のコロコロした鹿のウンコ。(危ない危ない)

 

shikanotuno.JPG

 

そうこうしている間に、 「鹿の角」発見!

お父さんと一緒に来村し、大人顔負けの活躍をした盛り上げ隊員の娘さんにプレゼント

 

 

 

 

想定より数倍の速さで作業は進み、あっという間に1000本の植栽終了

 

地区民お待ちかねの焼肉交流会がスタート

yakiniku1.JPG 

 ポジション取りを誤ったA郎さん

「いい男の方に煙は流れる」と自分を慰めます。

 

 

 

yakiniku2.JPG

 

「食べる、飲む、食べる、飲む」

 

 

 

 

毎年、花を咲かせる光男さんの植えた「光男桜」

3~4年後には、今回植えた「ミツマタ」が咲き

そして7~8年後には、昨年○美さんが植えた「○美桜」が・・・

 

 

地区民 「○田君(盛り上げ隊員)、花が咲いたら連絡するわ。ここでまた花見しながら焼肉しようや。」

 

 

疲れ果て、コンクリートの上で天日干しになりながら昼寝する清さんと共に、「花だらけ」の夢を見た2月とは思えない暖かい・温かい一日でした。

 

 

日時:2010年3月 9日 08:00  投稿者:西米良駐在員

米良フォトギャラリー③

本日は、少しだけ。

hotokenoza.JPG 

「ホトケノザ」

花言葉 : 調和

葉が「台座(ハスの花)」に似ていることから、この名前がついたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0223zassou1.JPG

0223zassou3.JPG

 

最近、よく見かけるのですが、名前がわかりません。

ご存知の方は、教えてください。

 

 

 

 

 

 

 

nanohana1.JPG「菜の花」                 

nanohana2.JPG花言葉 : 快活、元気いっぱい

裏路地によく咲いています。

今が満開です。

 

 

 

 

 

 

 

 

雨の西米良。霧が立ち込めます。

kiri.JPG

日時:2010年3月 5日 08:00  投稿者:西米良駐在員

西米良村からの小包です。

「贈っているのは、まごころです。」

をモットーに、昭和58年から始まった 『ふるさと村民制度』

年間12000円の会員登録をしていただいた方に、年4回、ふるさとの味・香り・まごころをお届けする制度です。

 

1 小包発送前日

  ふるさとの味と香りが集合!(営農グループのおばちゃん達が、品物の搬入を始めます。)

 

 小包に入れる味と香りは、すべて西米良の特産品。

 ゆず、米良糸巻大根、伊勢芋、しいたけ、干し竹の子、あられ、切干大根、梅干、こんにゃく、油味噌、釜入り茶、米良米、ゆず胡椒、ほおずき・・・などなど季節のものです。

 そして、作っているのは、すべて地元の農家さんと7つの営農グループ。

 昔からの、いつもの、そして自慢の味を運んできます。

 

2 小包発送日

 朝7時半。営農グループのおばちゃん達が、生ものなど前日に運べなかった品物を持って集まります。

 そして、まずはお約束の「お茶で乾杯」

 漬物、団子等(もちろん手作り。冗談抜きにおいしい!小包発送日の朝食を控えてしまう・・・いやしい私・・・)を持ち寄り、お茶を飲みながら今日の手順を確認します。

 

3 箱入れ開始

tumekomi1.JPG tumekomi2.JPG「この干し竹の子きれいかねえ。」

箱入れはグループ関係なく皆で一斉に行います。

他の営農グループに品物も気になります。   

 

 

 

 

 

4 箱入れ終了

nakami.JPG

otayori.JPG hako.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 開けた時、「うわあ」と思ってもらえるようにレイアウトを整え、村の近況、小包の材料を使ったお料理レシピ、広報カリコボーズ等を添えて、封をします。

 

 

 

5 コンテナ積み込み

nagaresagyou.JPG

kontena.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6 お見送り

miokuri.JPG

 

最後は必ず、小包を乗せたトラックが見えなくなるまで、お見送りです。

 

 

 

 

 

 この制度を始めた当初は、皆慣れていなくて、箱入れ中に数が足りないことに気付き慌てて山に採りに行ったり、17時までに作業が終わらず、仕事後の役場職員が全員総出で加勢したりと、さまざまなハプニングがあったそうです。

 

 作業が終わった後も、「来年はこうしよう」とおばちゃん達のアイデア合戦はつきません。

 

 採算ギリギリ。でも、小包が届くのを待ちわびている人がいる限り、故郷を懐かしみ、同封されているお便りを穴があくほど読んでくれる人がいる限り、この制度は続きます。

 

日時:2010年3月 2日 08:00  投稿者:西米良駐在員

« 2010年2月 | ブログのトップページへ | 月別記事一覧へ | 2010年4月 »

   ページの先頭に戻る

ホーム |  中山間地域の概要 |  いきいき集落 |  おでかけスポット |  駐在員ブログ |  お問い合わせ |  プライバシーポリシー |  サイトマップ |  リンク集