諸塚ブログ

明日への扉

 

 

今年度、猪や鹿の食肉解体処理施設を整備した諸塚村では、先日、今後の食肉流通をどう図

っていくかを検討するための販売戦略会議を開きました。

 

 

 

project.JPG

 

 

この会議には、村内の猟友会や各婦人加工グループの皆さんなど猪・鹿肉の活用を図っていく上で

は欠かせないメンバーに加え、宮崎市のスーパー「FOODARY(フーデリー)」経営企画部宮田

恵さん、五ヶ瀬町出身でフードクリエーター等をはじめ東京で幅広く活躍されている寺本りえ

子さんのお二人をお招きし、"御意見番"として御参加いただいたんです。

 

 

 

久々に自分でも驚くほどいきいきするような会議でした~。

 

 

 

宮田&寺本コンビによる「マジック」といったところでしょうか!?

食肉活用の夢物語を語っているような、でも、夢ではなくしっかりと現実に持って行けそうな内容とな

り、お2人の豊富なマーケットの経験と研究、そして、圧倒されるほどのバイタリティーにはただただ

感服いたしました。

 

 

 

また、お二人には会議中の様子など、ツィッターを巧みに駆使しながら諸塚村の取組を情報発信して

いただきましたよ。

 

 

 

現場で捕獲する猟友会長さんも、特産品加工を行う婦人加工グループの皆さんも、出席者が身を乗

り出すように意見交換していた光景が印象的でしたね。

 

 

 

ちなみに、まずはイメージからということで、堅苦しい事業名称は捨てて「諸塚村いのしか村プ

ロジェクト」でやっていこうということになりました。

 

 

 

今後の展開が非常に楽しみなところですが、次回の会議までに1人1人が考えておく「お題」もいただ

いています・・・・・・・(あぁ、続きが見たい知りたい。)

 

 

kinosato.JPG

 

 

夜は、御意見番のお二人を交えて、諸塚村のおいしんぼの一つ民宿「樹の里」で懇親会。

猟友会の次世代エースY君オススメの絶品猪肉料理(写真の右奥)も登場しました。

 

 

 

そして、ここでも宮田&寺本コンビのパワーと宮崎への熱い思いが満開。

こちらからお願いする前に「また来ますから!諸塚だけでなく五ヶ瀬も含めてみんなで頑張っていきま

しょう!」ともおっしゃってくれたんです。

話せば話すほど凄い人達とご縁ができたのだなぁ・・・と思いましたね。

 

 

 

諸塚村の特産品開発の「明日」に向けてまた一つ大きな扉が開いたような気がします。

 

 

 

food.JPG

 

↑  "御意見番"のお二人と諸塚村の特産品展開のキーパーソンもすっかり意気投合。

 

 

今回来村された宮田さんと寺本さんはツィッターで知り合ったそうですが、まるで昔からの友人みたい

だったのが印象的で、志が同じであれば時間は関係ないということを感じました。

 

 

 

そんなお二人から、私もツィッターのやり方を教わったんです。

私にとってはこちらも「明日への扉」になるのかもしれませんが、とりあえずパケット料金の設定という

最初の扉を開けてからじっくりはまろうと考えています。。

 

 

 

これも4月から!?・・・・・・・あと1週間。

日時:2011年3月26日 23:00  投稿者:諸塚駐在員

   ページの先頭に戻る

ホーム |  中山間地域の概要 |  いきいき集落 |  おでかけスポット |  駐在員ブログ |  お問い合わせ |  プライバシーポリシー |  サイトマップ |  リンク集