事務局ブログ

2016年11月の記事

紅葉狩りはいかがですか?

はじめまして。事務局Yです。
先週の日曜日に「第32回日之影町水源の里見立渓谷紅葉まつり」に行ってきました。
宮崎市内から東九州自動車道を利用して、まずは日之影町の青雲橋を目指します。
青雲橋のすぐそばには「道の駅青雲橋」がありますので、


写真1CIMG2902.JPG















ちょっとここで休憩をとりました。
中に入ると・・・
ところ狭しと並ぶ地場産品の前に、


写真2CIMG2900.JPG















「中山間おでかけスタンプラリー2016」のパンフレットがありました!
ここで「ひぃくん」スタンプをゲットします。


写真3CIMG2901.JPG















県北エリアは、「五ヶ瀬ワイナリー」「道の駅 青雲橋」「がまだせ市場 鬼八の蔵」
「道の駅 北川はゆま」「道の駅 北方よっちみろ屋」「道の駅 北浦」「かどがわ温泉心の杜」
「椎葉村物産センター 平家本陣」「しいたけの館21」「石峠レイクランド」「南郷温泉 山霧」
「道の駅 日向」「道の駅 とうごう」の13か所がキャンペーン対象施設です。


施設を巡り、3つスタンプを集め応募すると、毎月35名に「特産品」が当たりますので、皆さん
ぜひ応募してください!
「ダブルチャンス抽選」なるものもあります!
詳しくは、「最新のお知らせ」欄の「中山間おでかけスタンプラリー2016」をチェックしてください。

さて、「道の駅 青雲橋」を出ると、ほんの少し先に「見立方面」の案内がありますので、国道218号
線を右折し、日之影宇目線へ。
ここからは日之影川の渓谷美を堪能しながらの一本道です。
でもところどころ道幅が狭いところもありますので、運転の際は十分ご注意ください。


約40分ほどで...


写真4CIMG2878.JPG















会場に到着しました。
会場では、


写真5CIMG2884.JPG














写真6CIMG2887.JPG
















地元の皆さんをはじめ、「中山間盛り上げ隊」の皆さんも一生懸命お手伝いをされていました。
(オレンジの帽子を被られている方が中山間盛り上げ隊の隊員です。ご苦労様です。)

まつりのスタートは午前10時30分。
会場はあっという間に次のような状況に。


写真7CIMG2891.JPG















お昼ごろには...

写真8CIMG2895.JPG















300名を超え、すごい熱気となっています。
地場産品の販売をはじめ、お楽しみ抽選会などもあり、
盛りだくさんの内容となっています。
皆さん、ぜひ一度参加してみてはいかがでしょうか。

さて、紅葉の様子です。


写真9CIMG2877.JPG














写真10CIMG2898.JPG
















すみません...。
私の写真では、美しく色づいた紅葉と渓谷の対比などが分かりづらいと思いますが、
とてもきれいでした。

日之影町見立渓谷の紅葉は見頃を迎えています。
気分爽快、心身ともにリフレッシュできる「見立渓谷」に皆さん行ってみませんか?

(参考)
今回のまつり会場のすぐ上にある「あけぼの荘」に設置されたライブカメラで映像
(静止画)を確認することができます。
http://livecam.asia/miyazaki/hinokage/hinokagegawa-akebonosou.html


日時:2016年11月18日 12:30  投稿者:事務局

スリル満点!綾町照葉大吊橋

 お久しぶりです。だまこです。
 夏の次に冬が来たのではないかと思うくらい急に寒くなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。(涼しい秋が来るだろうとのんきに構えていた私は、慌てて洋服の模様替えをしたところです。)

 さて、先週末、晴れ渡る空を見ながら、どこか景色の良い所に行こう!ということで、綾町にある「照葉大吊橋」に行ってきました!
 「ようこそ照葉樹の大自然へ」という言葉に出迎えられ、先に進むと・・・

入口.jpg


 


















 吊り橋の登場です!

橋入口.jpg





















 想像以上の壮大さにいろんな角度から写真を撮っていたところ、大変目を引く看板を発見!!


展示場看板.jpg


 













 

 
 
 
 看板に導かれるまま、まずは、隣の照葉樹林文化館へ。
 文化館には、バードカービングや自然との共生を続ける中で生み出された生活用具などが展示してありました。

 そしていよいよ吊り橋へ。
吊り橋全体2.jpg


 

















 
 意気揚々と渡り始めた私でしたが・・・
 想像以上の高さと現地に着くまでの車酔いが災いし、悪戦苦闘。笑
 楽しげに写真を撮る観光客や揺れをものともせずに渡っていく小さい子どもの隣で、手すりにしがみつきながら渡りきるという不甲斐ない結果となりました。

 吊り橋を渡りきった先には、山の斜面に沿って遊歩道が整備されています。

遊歩道.jpg

 
 








 



 

 


 
 今回は時間と体力の都合上、20分コースを選択。途中にある滝で折り返し、(手すりを握り締めながら)再び吊り橋を渡って帰ってきました。
 
 この日は快晴ということもあり、橋の上から見える空の青と照葉樹の緑がとてもきれいだったのではないかと思います。
 
 3月には、イワツツジや山桜を見ることが出来るようですので、また違った景色が楽しめそうですよ♪
 綾町の豊かな自然とスリルを存分に感じることが出来る照葉大吊橋。皆様もぜひお出かけください!

 私も、橋の上からの絶景を写真に収めるべく、次回は体調を万全にして臨みたいと思います!






日時:2016年11月 9日 17:30  投稿者:事務局

肥(日)薩線!?

ネイマールです。

JR肥薩線は、その名のとおり肥後国、今の熊本県八代市と薩摩国、今の鹿児島県霧島市とを結ぶローカル線です。

 

でもほんの少しだけ、日向国、今の宮崎県えびの市を通過しています。

 

1時間で3県をまたいで移動することのできる貴重な列車旅を体験してまいりました。

 

午前718分、普通列車でJR人吉駅を出発。

①人吉発.JPG


しかし、いきなりのスローペース!それも普通とは明らかに異なることが感覚的にわかるぐらいの超ゆっくり速度。

いかに急こう配の厳しい区間であるかを体感することになります。

この区間は、その急こう配を克服するため、スイッチバック、ループという技術をこれでもかと駆使することによって開かれた路線。

 

宮崎県内唯一の肥薩線の駅にして、宮崎県で最初に開業した駅「真幸駅(まさきえき)」も、スイッチバックで出入りする駅です。

②真幸駅.JPG

 

こんなにも険しい山岳地帯に鉄道が開設されたのには、敵国からの艦砲射撃を避けるためなどの様々な理由があったのだとか。

先人たちの経験した苦労は、現代に生きる我々が想像する以上に計り知れないものがあったことでしょう。

 

好天に恵まれたこの日、「日本3大車窓」に数えられるほど美しい風景をこの目に焼き付けることが出来たのも、ほかならぬ先人たちの遺してくれた遺産のおかげにほかなりません。

(美しいえびの市の田園風景。はるか遠くに見えるのは何と桜島!)

③三大車窓.JPG


 

鉄道に限らず、私たちの周りに数えきれないほどある、先人が作り、残してくれたもの。

その大切な灯を絶やすことなく、後世へと受け継いでいくことが、今に生きる私たちの大切な仕事なのかもしれません。

(到着した鹿児島県湧水町のJR吉松駅構内。都城市へと続く吉都線の接続駅でもあります。)

④吉松駅構内.JPG

日時:2016年11月 1日 07:21  投稿者:事務局

« 2016年10月 | ブログのトップページへ | 月別記事一覧へ | 2017年1月 »

   ページの先頭に戻る

カレンダー

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のブログ記事

月別アーカイブ

中山間地域で頑張る駐在員ブログ

ホーム |  中山間地域の概要 |  いきいき集落 |  おでかけスポット |  駐在員ブログ |  お問い合わせ |  プライバシーポリシー |  サイトマップ |  リンク集