事務局ブログ

集落、まち、県までつなぐホイホイ君。

ネイマールです。

九州山地のど真ん中、"平成の桃源郷"こと、宮崎県西米良村。

宮崎県で最も人口の少ないこの村では、村営バス「やまびこ号」が走っています。

村内2路線のほか、県境を境に接しているお隣・熊本県湯前町とも結ばれています。

(湯前線は、平成2810月現在、平日4本、土日祝日2本運行。)

 

そこで、県をまたぐコミュニティバスとはどんなものか、自ら乗ってまいりました。

 

小雨の降る中、村の中心施設「村所驛」をこの日3便目、定刻どおり1435分に出発。

①やまびこ号.JPG

 

村のキャラクター「ホイホイ君」がボディにあしらわれた可愛いマイクロバスは、整備された国道219号を西へと向かいます。

 

てっきり国道219号沿いの停留所を結びながらただ走っていくものと思っていたネイマール。ところが、それは大きな勘違い。

 

村の西部に位置する板谷(いたや)地区、八重(はえ)地区にある集落に入り込んでいったのです。

②脇道.JPG



 

通学、買物、医療などがが困難になってきている山あいの住民にとって、このやまびこ号が、いかに貴重な存在であるかということを、本当に実感した日になりました。

③バス停.JPG

 

県境の峠を越え、所要1時間で終点の湯前駅に到着。

④湯前駅.JPG


駅で待っていた数人のお客さんを載せ、バスは西米良村へと折り返していきました。

 

そこに人の暮らしがあり、里人の声が山あいにこだまし続ける西米良村を、やまびこ号は今日も元気にホイホイと駆け巡っていることでしょう。

(湯前駅に併設された交流施設「湯~とぴあ」。特産品の販売、観光管内等の役割も果たしています。)

⑤湯~とぴあ店内.JPG

 

<おまけ>

湯前駅は第3セクター「くま川鉄道」の始発(終着)駅。

中も外もお洒落な観光列車、その名も「田園シンフォニー号」。普通列車として運行することもあり、この日も途中から、通学の高校生が多数乗車していました。何とも贅沢...。

⑩田園シンフォニー・外観.JPG


⑪車内内装.JPG


日時:2016年10月31日 17:19  投稿者:事務局

   ページの先頭に戻る

カレンダー

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のブログ記事

月別アーカイブ

中山間地域で頑張る駐在員ブログ

ホーム |  中山間地域の概要 |  いきいき集落 |  おでかけスポット |  駐在員ブログ |  お問い合わせ |  プライバシーポリシー |  サイトマップ |  リンク集