事務局ブログ

GO!SHIROMI!

ネイマールです。

 

道の駅を筆頭に、湖の駅、川の駅、海の駅、森の駅、城の駅、さらに駅の駅...、

宮崎県内には「~の駅」と称する施設がいくつも存在します。

 

今回訪ねたのが、宮崎県西都市の西端部に位置し、いきいき集落でもある銀鏡(しろみ)地区。

地区に受け継がれている銀鏡神楽は、国指定重要無形民俗文化財に指定されおり、昨年イタリアで開催されたミラノ万博でもお披露目されました。

 

その銀鏡地区にあるのが、その名も「山の駅 銀鏡」。

 

宮崎県と熊本県とを結ぶ国道219号から分岐する県道を車で10数分ほど走ると、その姿が目に飛び込んできました。

DSCF5466.JPG

 

平成24年にお目見えした山の駅は、銀鏡の特産品であるユズの加工品の数々や、食料品等を販売しているほか、トイレ休憩もできます。

DSCF5473.JPG

 

山の駅が立地する場所は、JAや郵便局、駐在所、山村留学が行われている銀上(しろかみ)学園(銀上小、銀鏡中)などがある、いわば銀鏡地区の心臓部。


トリミングDSCF5467.pngのサムネール画像 


都市部から離れた山あいの集落の暮らしを支えるとともに、地域内外の交流促進という大切な役割を担っているこの拠点は、人や物が行き交う立派な「駅」と言えるでしょう。

 

ところでこの銀鏡という地名、イワナガヒメという姫君が投げた鏡が、地区にある龍房山の大杉に引っ掛かり、麓を白く照らしたという神話から来ているのだとか。

 

これからも、この山の駅が地域を明るく照らす鏡であってほしい、お隣の上揚(かみあげ)地区と共に、いつまでも、いきいき集落として頑張って欲しい、

そう思い駅を離れました。

(山の駅の脇を流れる清流・銀鏡川)

DSCF5469.JPG



日時:2016年8月 3日 15:00  投稿者:事務局

   ページの先頭に戻る

カレンダー

2016年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のブログ記事

月別アーカイブ

中山間地域で頑張る駐在員ブログ

ホーム |  中山間地域の概要 |  いきいき集落 |  おでかけスポット |  駐在員ブログ |  お問い合わせ |  プライバシーポリシー |  サイトマップ |  リンク集