事務局ブログ

暑中お見舞い~尾鈴の山あいから涼風に乗せて~

ネイマールです。

約3か月半振りの中山間ブログです。

 

宮崎にある数々の滝に関する県総合博物館の特別展をブログで御紹介したのは、

201510月。

 

その特別展でも名を連ねていた、矢研(やとぎ)の滝は、宮崎県の中央部、都農町にある、日本の滝100選にも選ばれた、宮崎県の代表的な滝の一つです。

今回、近くに立ち寄ったついでに滝まで足を延ばしてみることにしました。

 

矢研の滝方面へと続く県道尾鈴川南停車場線は、2車線が1.51、また2になった途端に今度は1...と、目まぐるしくその道幅を変えながら、九州山地の方向に向かって伸びています。

IMG_0484.JPG


 

尾鈴キャンプ場から先は足だけが頼り。

いよいよ滝を目指しての旅の始まりです。


 

路傍には「落石注意」「足元注意」の看板、見上げれば今にも頭上目がけて向ってきそうな巨石、見下ろせば○曜ワイド劇場のロケ現場になりそうな激流。でも道は分かりやすく、慎重に進めていけばOK。

IMG_0486.JPG


 

気を引き締めながらも、鮮やかな木々の緑の中を突き進むと、傍に川の流れが近づいた途端、一気に冷気が押し寄せてきたのです!まるで滝はこっちだぞ、と言わんばかりに。

 

そして、出逢いは突然やってきました。

整備された階段を下り、いざ数百メートル先の滝壺へ・・・

IMG_0496(足元).jpg


・・・ところが、安全が保証できないとのことで、

あいにく管理者等から「STOP」のお知らせ(案内表示)があり、断念!

でも、落差約73mの頭の先から勢いよくかつ美しく天の恵みを降り注ぐその堂々たる姿は、たとえ手前からでも十分全身で感じることが出来ました。

IMG_0502.JPG


 

言い伝えによれば、神武天皇が東征の折に立ち寄り、矢を研がれたというこの地。

矢を研ぐことも東へ船出することもない私ですが、偉大な自然の雄姿に元気と力をもらったのは、神武天皇も、時を超えた今に生きる私も同じだったかもしれません。

IMG_0495.JPG


 

おりしもこの日は、九州から東海までの地域が一気に梅雨明け。

いよいよ夏本番。

あなたもぜひ、自然と神話、宮崎の2つの魅力を体感できるYatogi Fallsへ!!

IMG_0503.JPG

日時:2016年7月19日 18:33  投稿者:事務局

   ページの先頭に戻る

カレンダー

2016年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のブログ記事

月別アーカイブ

中山間地域で頑張る駐在員ブログ

ホーム |  中山間地域の概要 |  いきいき集落 |  おでかけスポット |  駐在員ブログ |  お問い合わせ |  プライバシーポリシー |  サイトマップ |  リンク集