事務局ブログ

飫肥城下まつりと四半的

 事務局のY・Tです。

 今回は、日南市飫肥で開催された「第36回飫肥城下まつり」に行ってきました。

 祭りは、飫肥城を中心に、城下町である市街地(武家屋敷が今も残っていて、九州の小京都とも呼ばれています)で行われます。

 今年は、10月19日(土)と20日(日)の2日間で開催され、20日には、侍大将や女武者、ミスお姫様、泰平踊などの市中パレードが行われ、沿道は多くの人でいっぱいでした。

 

 

obijy1.JPG

 

 

 

【女武者】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

obiji2.JPG

 

 

 

【泰平踊】

 

 

 

 

 

 

 

  

  泰平踊は、江戸時代から伝わる郷土舞踊で、踊る姿も美しく、優雅な踊りでした。また、地域の子どもたちによる踊りもあり、伝統が引き継がれていることにうれしく思いました。

 

 また、飫肥観光駐車場内にある四半的射場で、四半的の試射も体験しました。四半的は、日南地方に古くから伝わる弓競技で、的までの距離が四間半(8.2m)、弓矢の長さが四尺半(1.37m)、的の大きさが四寸半(13.6cm)とすべて「四半」であることから四半的と呼ばれています。係の方が親切に教えていただいたので、私でも何本かは的を射ぬくことができました。

 

 

obiji3.JPG 

 

 【四半的】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 飫肥では、城下町を散策しながら、いろいろなお店で名物の「おび天」や、プリンのような「厚焼きたまご」 などの手作りの味が楽しめる「食べあるき・町あるき」(5枚の商品引換券付き散策マップが600円)もできて、魅力がいっぱいあります。

 

 さて、次はどこに出かけようか。この秋、これからも県内では様々な祭りが開催されるので楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日時:2013年10月22日 20:00  投稿者:事務局

   ページの先頭に戻る

カレンダー

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のブログ記事

月別アーカイブ

中山間地域で頑張る駐在員ブログ

ホーム |  中山間地域の概要 |  いきいき集落 |  おでかけスポット |  駐在員ブログ |  お問い合わせ |  プライバシーポリシー |  サイトマップ |  リンク集