事務局ブログ

2012年12月の記事

都農町でそば収穫・・中山間盛り上げ隊☆☆

こんにちは、H君です。

先日(12月16日)、都農町で行われた中山間盛り上げ隊の支援活動に参加して参りました。

 

この日の支援内容は、「そば刈りのお手伝い」。

今年は台風の影響でそばが2回ほどダメになり、生育は良くなかったとの事。

 

それでも、そばを間近に見る機会がこれまでほとんど無かっただけに

とても新鮮な一日となりました(^_^)v

 

IMG_2171.JPG

 

 

(写真)

中山間盛り上げ隊の隊員の方々

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ↓↓ 実はこの日、息子(H君.Jr)と一緒に参加しました。   

 

IMG_2167.JPG

 

 

(写真)

息子[写真手前]と

小学校6年生の隊員[写真奥]

 

 

 

 

 

 

 

 

  

そば刈りはもちろんのこと、

「そばの実」をはじめて見た彼は 「実がこんなカタチをしていた」 とか

「こうやってとるんだよね」(←収穫の方法を手で表現したり)と  とてもはしゃいでいました。

 

お手伝いはもちろんのこと、

ひそかに息子の社会勉強の機会とも考えていた私の狙い通り(!?)の

結果となりました(*^_^*)

 

活動終了後、

当日のお世話をしていただいた「たわわハートねっと」さんが運営されている

「都農ふれあいの居場所」に移動し、

ぜんざいを食べながら、隊員や住民の方々と交流を楽しみました。

 ( これこそ、盛り上げ隊の醍醐味(^o^) )

IMG_2184.JPG

 

 

 

 

とても美味しかったです(*^_^*)

 

 

 

 

 

 

  

 

 

当日の様子は、

「たわわハートねっと」さんのホームぺージに詳しく掲載されております。

是非、ご覧ください。

 

========================================

 

[中山間盛り上げ隊に興味のある方々へ]

これまでは隊員の要件を 「18歳以上の個人のみ」としていましたが、
今年度から「小学生以上」であれば隊員登録が可能となりました。
親子の交流の場として、社会勉強の場として・・・、ご検討いただければと思います。

(→ 詳しくはこちらをご覧ください。)

 

========================================

 

では、来年もよろしくお願いします~~~~(^^)/

 

 

日時:2012年12月26日 08:00  投稿者:事務局

三股町長田地区いきいき集落物産市開催!

先週お知らせしましたが、クリスマスイブの晴れた休日に、

「みまたん」長田地区で、いきいき集落物産市が開催されました。

昨年の12月に「いきいき集落」になって、物産販売を中心に、

集落の活性化を図っていきたいという目標どおり、みんなで手作りの市を開催していました。

こういう市では、たいていお得な目玉のサービスというのがあります。

 

今回はこれ。具だくさんの猪汁と「がね」。

合わせても300円。あと甘酒はふるまいでタダ。

PC240001.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

寒い中、こういう暖かいサービスがあると、購買意欲がそそられて、

掛け干しの長田新米、サクラやクヌギで作った木炭、新鮮な生しいたけなど、

持ちきれないほど買いました。乗せられたというやつです。

ちなみに、このテントは今年度の「いきいき集落」活動支援事業を活用しています。

PC240009.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長田峡公園近くの公民館前の広場で、定例的に第4日曜日に

開催していきたいとのことでした。

1月も開催するようですので、是非皆様も足をお運び下さい。

PC240010.JPG

 

 

日時:2012年12月25日 07:00  投稿者:事務局

スタンプラリーは突然に -都農ワインでルネッサンス編-

 

 

 

寒波とともに"35歳のクリスマス"が到来で~す☆  ぶるぶるっ・・・・・(寒)

 

 

 

se.JPG

 

 

 

まだまだ先と思っていた『29歳のクリスマス』はいつしか通り過ぎ、ケーキやクリスマスキャロルよりもお

酒と演歌が似合う大人の男に成長した事務局員Tでございますが、楽しいクリスマスにブログ担当曜日

が回ってきた不運(?)を埋めるべく、今回はワインのお話でルネッサ~ンス♪

 

 

 

いよいよ中盤に入りました!  『中山間おでかけスタンプラリー2012

今回は、クリスマスに私Tの喉と心を潤すワインを生産している故郷・都農町の「都農ワイナリー」で

す。

 

 

 

ty.JPG

 

(↑ 都農ワイナリー)

 

 

 

都農ワイナリーは、私が社会人になる直前に社会勉強(アルバイト)させてもらった思い出の場所。 

先日、久々に都農ワイナリーに行ってみると、当時お世話になったスタッフの皆さんが元気な笑顔で迎え

てくれました。

しかも、本スタンプラリーの台紙を一番目立つ場所に貼ってくださってて (感謝!)

 

 

 

中山間スタンプラリーではエリア2(県央・東諸県エリア)の対象施設で、『むぅちゃん』スタンプがお待ちし

てますよ。 

 

 

 

ar.JPG

 

 

↑  お目当ての都農ワイン(ロゼ・赤)

  2012年の新酒が販売されていました。

 

 

 

元々「雨の多い都農町ではぶどう栽培には適さない」といわれていたそうですが、先人達が研鑽に研鑽を

重ね、戦後には「尾鈴ぶどう」として県下有数のぶどうの産地へと成長。

私も幼少期には戦隊番組を見ながら地元産ぶどうをバクバク食べていたものです。

 

 

 

平成に入ると生食用のぶどう以外をワインにする研究が始まり、平成8年に都農ワイナリーがオープン。

販売当初は販売数量に限りがあったこともあり毎日完売するほどの人気でした。

朝の6時には整理券を求めて長蛇の列ができていた光景が思い出されますね。

 

 

  

my.JPG

 

↑ 今では、「マンゴーワイン」など他の原料を用いたワインも生産されていますよ。 

 

 

 

その後、「世界のワイン100選」を二度も受賞するなど世界からも注目され、今や地域を代表する特産

品となりましたが、これもまた地域特産物を活用した産業おこしですね。

これからも都農ワインが都農町の"ルネッサンス"(復興)の足掛かりの一つになってくれるといいなと

思います。

 

 

 

こういった地域おこしの取組には必ずそれを支える『人』の存在あり。

 

 

 

都農ワインの場合も、都農町をぶどうの一大産地に成長させた栽培農家の皆さん、ワイン醸造の研究を

重ね素晴らしい味に仕上げた工場の皆さんなど、いろんな方が都農ワインを、そして地域を支えてくださっ

ています。

 

 

 

tsu.JPG

 

↑ ワイナリーからは、日向灘や都農町の町並みを一望できますよ。

 (この場所こそTの"元祖たそがれスポット"なのです。) 

 

 

 

おっと。

すっかりクリスマスということを忘れかけていましたが、甘くて飲み口すっきりの都農ワインはクリスマスデ

ィナーのお供としても最高の相棒。

 

 

私Tも、今宵はワイングラスを片手に「ルネッサ~ンス!!」といかせていただきま~す。

昔、後輩からこのノリで乾杯をもちかけられ泥酔寸前に追い込まれましたので暴飲注意ですけど・・・(笑)

 

 

 

 

さて、今回のクリスマスブログで気力を消耗してしまった私ことTは、一足お先に2012年のブログを納め

させていただきます。 (年内の事務局ブログはまだまだ続きますよっ)

 

 

  

ts.JPG

 

 

また来年もよろしくお願いします~~!!           〈 T 〉

 

 

日時:2012年12月24日 08:00  投稿者:事務局

七ツ山の隠し味

 

 

 

 

GP(ごっとりプリン体)シリーズ諸塚村・七ツ山大会~☆・・・・の時の写真です。

 

 

 

kpa.JPG

 

 

 

地域づくり団体研修交流会(12/1~12/2)・諸塚村七ツ山分科会の夜の部は、同地区にある古民

家・藤屋にて盛 行われました。 

※もう少し早くアップしたかったのですが、今月は想定外のコンディション(体調)に阻まれ・・・・。

 

 

 

この日、昼の部のフットパスから既に「ノド渇きのカラータイマー」が鳴り始めていた私元諸塚駐在員Tで

すが、 この 交流会においては「働かざる者飲むべからず!!」という暗黙の掟アリ。。

乾杯のテーブルに辿り着くまでには、"氷上"ならぬ厨房での熱き激闘を戦い抜いてきたんです。

 

 

 

それは、研修交流会のもう1つのテーマであったジビエ料理』

参加メンバーのみんなで地元の猪肉・鹿肉を使った料理を作りました。

 

 

kak.JPG

 

 

  

七ツ山婦人加工グループの調理場をお借りして、地区の皆さんに御協力&アドバイスをいただきながら

様々なバリエーションで調理していきました。

 

 

 

え、「どうせTは写真ばっかり撮ってたんだろう」ですって!? 

・・・・・・いやいや自炊歴18年のTをあなどることなかれ!って感じでございます(ただし、揚げ物を除く。)

 

 

 

co.JPG

 

 

↑ スケート選手を育てるかのように!?、ゆっくり時間をかけながらフライ鍋の中で回転する鹿肉の竜田

揚を見守っていましたよ。

 

 

 

この日のお品書きです(↓)

 

 

me.JPG

 

 

 

↑ 猪肉・鹿肉を使ったメニューだけでも6種類!!

他にも、地元諸塚村の特産品しいたけ(なば)や、ゴボウの皮など素材を余すところなく活用した絶品"七

つ星料理"が次々と並べられていきました。

 

 

 

si.JPG tat.JPG na.JPG

 

 

 

 

 

 

 

①猪肉と諸塚冬野菜のあったか鍋    ②鹿肉の竜田揚        ③肉厚なばの炭火焼き

  ☆☆☆☆☆☆☆              ☆☆☆☆☆☆☆         ☆☆☆☆☆☆☆

 

 

  

さらに、私Tの腹回りに隠れている"体重リバウンドスイッチ"をONにする「新星」も登場しました(↓)

 

 

 

ma.JPG

ni.JPG

 

   →  →  →  →  →  →

猪肉を長時間じっくり煮込むと~~~

 

 

 

 

 

 

やわらか~い『猪肉のチャーシュー』(↓)が完成~~☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

ch.JPG

 

 

 

口の中でトロッと溶けていくような食感で、思わずキリッといっちゃいそうな最高の肴でした。

 

 

 

今回、七ツ山班で作った料理は、総じて最高(自己)評価の七つ星~☆☆☆☆☆☆☆

また、自分達で作った料理以外にも七ツ山地区の皆さんが自宅で調理した絶品料理をそれぞれ持ち寄っ

てくださり、とっても贅沢で幸せな食卓となりました。

 

 

 

地元の方々の心のこもった手料理に星の数は付けられませんが、あの時の温かい雰囲気が3週間経っ

た今になっても忘れられないところに、門外不出の"隠し味"が含まれているのかもしれませんね。

 

 

 

やがて夜も更けていき・・・・・・・・・・・・

 

 

fu.JPG

 

 

 

古民家・藤屋で横一線に敷き並べられた布団には、奥から順にパタパタと主(あるじ)が決まっていった

わけですが、その中に翌日の運転を考慮して早々と離脱した寂しげなTの寝顔があったのでした。。

 

 

 

ちゅるちゅるちゅる~~zzzzzz  (← Tの寝言・・・・らしいデス。)

  

日時:2012年12月23日 08:00  投稿者:事務局

冬柿

2012122201.jpgのサムネール画像

延岡市北方名物「次郎柿」です。
柿と言えば秋の味覚。
柿好き(?)としては、もちろん
ニュースで出回りはじめを知って
買いに行き、おいしくいただきましたが、

年末のこの時期に、「低温貯蔵」したものが
売られているのが目について、思わず購入しました。


2012122203.jpg
出回りの頃よりも熟した分、かなり甘さが増していて
美味でした。
こういった技術のおかげで
楽しめる時期が長くなっているんだなあ、
と感心しました。
是非ご賞味ください。


日時:2012年12月22日 07:00  投稿者:事務局

冬の楽しみ方~☆★

こんにちは、H君です。

寒がりの僕にとっては諸手を挙げて大喜びという季節ではありませんが、

寒いなら、寒いなりの楽しみ方がきっとあるはず!!というわけ でこんな情報を。

 

まずは、体を動かすのがお好きなあなたのために~~

県内でウインタースポーツ(*^_^*) を楽しめるスポットをご紹介します。

 

(営業時間等については、天候等の影響もあるかと思いますので、事前にご確認ください。)

 

えびの高原スケート場

  営業期間 平成24年12月14日(金)~平成25年2月28日(木) 

  営業時間 9:00~17:00(週末・年末年始は時間外あり)

  問い合わせ先: 県営国民宿舎えびの高原荘 TEL 0984-33-0161

 

五ヶ瀬ハイランドスキー場

  営業期間 平成24年12月21日(金)[予定]~
  営業時間 8:00~16:30  

    問い合わせ先: (株)五ヶ瀬ハイランド TEL 0982-83-2144

 

 

 

次は、まったりとした時間を過ごしたいあなたのために~~

県内のイルミネーション情報☆★ーー をご紹介します。

 

こちらについてはたくさんありますので、県観光情報サイト「旬ナビ」をご参考ください。

 

 

(写真は川南町の個人宅)  ←(注)川南町は中山間地域ではありませんが。

DSCF6415.JPG

 

 

12月から新年にかけて、

県内のいたるところ

(公共施設や民家等)で

冬の夜を彩ってくれるイルミネーション。

優しく、幻想的な明かりが非日常的な

気持ちにさせてくれますね。

 

 

 

 

 

 

 ※場所によっては駐車スペースの問題などから、交通渋滞をまねくこともあるかと思いますので、

  ご覧になる際は近隣住民の方々へのご配慮を お願いしますm(_ _)m

 

 

 

 あっ>>各地域の伝統芸能「神楽」もお忘れのないように!!(^_^)v

 

日時:2012年12月18日 20:00  投稿者:事務局

「いきいき集落」三股町長田地区農産物販売のお知らせ

ちょうど一年前いきいき集落に認定された三股町長田地区。

平成22年8月に過疎対策協議会を発足して、

地区全体で地元農産物のブランド化を図りたいという目標を定めています。

また、長田峡という観光資源もあり、

11月頃にはこのような紅葉を見ることができます。

PC040005.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも「しゃくなげの森」やヤマメ釣りなど、魅力いっぱいの長田地区で、

「長田峡・第2回農産物販売」が下記のとおり開催されます。

年末3連休の最終日で、年末年始に楽しめる食材もあるかもしれませんよ。

                   

○日時 平成24年12月24日(月) 午前10時から午後2時まで

○場所 長田峡公園横・轟木集落センター広場

○主な販売品

 大根・白菜等、野菜は50円から

 がね(100円)、いのしし汁(200円)

 長田新米、もち米、しいたけ、里芋、さつまいも、いちご、ゆず、葉わさび、クレソン

 山菜おこわ、ちまき、ふくれ菓子、ゆべし、三色いりこもち、キクの花、木炭、甘酒 など・・・

 

昨年の長田地区認定証交付式(H23.12.12)

DSCF5483.JPG

 

 

 

日時:2012年12月18日 07:00  投稿者:事務局

諸塚ウォーカー(Morotsuka Walker)

 

 

 

中断させてしまっていたフットパスシリーズ(12・1)・・・・・・・大変遅くなってしまいました。

すっかり情報誌の記者気分の元諸塚駐在員Tが、満を持して諸塚村七ツ山編をお送りしま~す!!

 

 

 

sev.JPG

 

( ↑ 諸塚村七ツ山地区 ) 

 

 

 

「Tさん、どんだけ諸塚に行きたいとね?」・・・・・・って周囲からの"裏工作説"もなんのその。

今回は課員の割り振りをされた担当Iさんの御配慮によるもので、私的には古巣・諸塚村が舞台で願った

りかなったり!といった感じでしたね。

 

 

 

foo.JPG

 

 

 

その諸塚村七ツ山会場(分科会)にも各地から個性的なメンバーが集まり、私自身も刺激を受けながら

久々にじっくり・ゆったり・ちゃっかり散策を楽しませていただきました。

 

 

さらに、地元からは諸塚村観光協会のT邉氏、役場で元同僚のK太君、緑のふるさと協力隊のO石(くら

のすけ)君・・・と馴染みのメンバーも一緒でしたので、嬉しさのあまり猿・犬・キジを従えた"桃太郎"になっ

たような気分の心強いフットパスでした~。 (え、誰が芝刈りおじいさんですって!?)

 

 

 

kan.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かつて何度も訪れた七ツ山地区ですが、こうやってフットパスでじっくり散策してみますと、諸塚村に住ん

でいたあの頃とはまた違った目線で地域の文化や素晴らしい景色を感じることができました。

 

 

 

興味深かったのは家の庭先に植えられたナンテン (↓)

 

 

nan.JPG

 

 

「難を転ずる」という意味をもつそうです。 

 

 

多くの家の庭にナンテン・ユズリハ・松竹梅などの縁起物が植えられていて、山間地域における自然の

暮らしと家相が何気に深くつながっていることを考えさせられました。

 

 

ちなみに、この縁起物のナンテンをこっそりと摘んで宮崎へ持ち帰ろうかと下心丸出しのTの姿があったこ

とは言うまでもありません・・・・・・・(やってません!)

 

 

 

yuz.JPG kak.JPG

 

 

 

 

 

 

 

↑ 他にも、ゆずや柿などこの季節の山間地域を彩る果実や花が、さりげなくアクセントを加えていました。

 

 

また、七ツ山地区は歴史とも深い関わりがある地域で、明治の『西南の役』の際には薩摩の西郷さんが  

休憩した場所が残っています(↓)

 

 

sai.JPG  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この近くにはなんと官軍の駐屯跡地もあるんです。

両軍がこの七ツ山で激突することがなくてよかったですよね。

 

 

 

番外編としましては、

上も向いて歩こう!・・・・・・・・・

 

 

 

han.JPG

 

 

 

↑ 民家の軒先に形成された巨大なハチの巣からは今の時期でも飛び立つハチの姿が・・・・・。

 ぎゃあぁぁー!誰か早くゲットしてくださ~い。

 

 

 

そして、この日約3年半ぶりに訪れたのが桂神社 (↓)

 

 

kat.JPG

 

 

 

境内までの道のりには長~い石段があり、軽く体力診断を受けた気分のアラフォーTでした・・・・・(涙)

 

 

 

kai.JPG

 

 

↑  それでも若手よりも早く登り、日頃の"お返し"と言わんばかりに上からT目線!?

 

昔は365段あったそうですが、埋没した石段もあったのでしょうか。

数えながら登ると今は実際350段ぐらいのようです。

 

 

 

一通り七ツ山地区を歩いて、最後は七ツ山地区を広範囲で見渡せる眺望スポットへ。

 

 

 

sbm.JPG

 

 

 

恒例の"たそがれT"モード・・・・になろうと思ったら、同じ班のメンバーの後姿が映画「スタンド・バイ・ミー」

ばりにいい感じでしたので、今回はたそがれを封印して撮影に励みました。

 

 

 

こうして七ツ山地区ぶらり歩きもフィニッシュ。 

体を動かし、地域を学び、そして、七ツ山の方々とお話もできる幾重にもおいしい企画でしたね。

 

 

 

このフットパスで見て・聞いて・感じた内容を翌日に参加メンバーでまとめたのがコチラ(↓)

 

 

 

ma.JPG

 

 

 

情報誌『東京ウォーカー(Tokyo Walker)』並みにトレンディな仕上がり!?だと自負しておりますが、

「これだけじゃ・・・・」ということで実際に七ツ山地区を歩いてみたい方は、諸塚村観光協会のT氏(べ~

やん)にお問い合わせくださいね(笑)

 

 

 

ちなみに、七ツ山地区といえば (↓)

 

【Tの思い出ぽろぽろシリーズより】

☆かあちゃん祭り(殿方による年に一度の大感謝祭!)

☆婦人が元気!

 

 

 

yuu.JPG

 

 

 

こうして日は沈み、怒涛の夜の部・通称"GP(ごっとりプリン体)ファイナル"へと順調にコマを進めたTだっ

たのでした。

 

             

                                         長編化につき・・・・・・・・・・つづく

日時:2012年12月17日 08:00  投稿者:事務局

さすがの酒谷

20121215 004.jpg

先週日曜日に、日南市「道の駅酒谷(さかたに)」で、

道の駅感謝祭が行われました。









20121215 002.jpg
新鮮な季節の野菜、果物が揃っていることもあり、

駐車待ちの状態で賑わっていました。








20121215 001.jpg
お正月飾りづくりの体験コーナーも人気でした。

お楽しみ抽選も、くじが無くなってしまい、全員に卵がプレゼント

されている状況にびっくりしました。




駐車場整理をはじめ、皆さん高齢の地元の方が、寒風の中元気に走り回っているのをみて、

さすが酒谷!といった感じです。


午前中にもかかわらず、お目当ての「あんつけ団子」は売り切れでした。

また、別の機会に。





日時:2012年12月15日 07:00  投稿者:事務局

久しぶりに行ってみると~☆☆

突然ですが、質問です。

 ↓↓ がどこだか分かりますか??

 

ヒント1:記紀1300年にゆかりのある地域の 「とある公園」です。

 

 

DSCF6398.JPG

 

 

←ヒント2:写真奥に見える施設名は「神武の館」です。

 

 

 

 

 

 

 

もったいぶってもしょうがないので、答えは・・

高千穂の峰の麓、高原町内にある『皇子原公園』です。

DSCF6401.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここは私の地元が近いこともあり、

高校時代に遠足で訪れたことがあるなど、思い出深い公園です。

しかし、大人になるとなかなか訪れる機会がなく、久しぶりに訪ねてみました。

 

いざ訪ねてみると、

高校時代にはあまり気にもとめていなかった(遊具ばかりに気をとられていた!?)

水車小屋や壮大な景色(高原町内を一望)が真っ先に目に入ってきました。

これが大人の感性ってやつでしょうか(^_^;) ??

 

公園内には子ども向けの遊具、ゴーカートだけではなく、

大人向けの歴史関連施設(皇子原神社、神武の館)やアウトドア関係などもあり、

改めて素晴らしいところだな~と再認識しました。

 

今回は時間の都合で滞在時間は少なかったのですが、

今度は公園内にある渓流釣場にでも息子を連れて行こうと思ったH君でした。

 DSCF6396.JPGDSCF6400.JPG

日時:2012年12月12日 20:00  投稿者:事務局

初冬の高千穂秋元集落にて・・・

12/1~2に、県北フォレズトピア地域にて、地域づくり&いきいき集落研修交流会が開催され、

中山間地域の6つの集落に分かれて、それぞれフットパス・料理体験・交流会・宿泊を行いました。

その1つ「高千穂町秋元集落」について紹介します。

 

昨年、この事務局に来たばかりの頃、この集落を一度は訪れたのですが、

農家民宿やどぶろく、集落内にギャラリーを作るなど、

地域おこしに力を入れている集落であるという印象でした。

PC010038.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

散策で見かけるのは、しいたけのほだ場、巨樹、棚田等ですが、

ちょっとヒントになるのかなと思ったことがありました。

「いろはや」という無料特産物販売所があり、ここは月10万売り上げるとのこと。

PC010043.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

散策した後に、「ここで売っている米は、その上には人が住んでいない棚田で、

きれいな水で作っている」というようなことを聞くと、販売所での買い物が、すごく楽しいんですね。

フットパス+地元農産物のセットは、すごく良いと思います。

 また、秋元神社は、スピリチュアルな雰囲気を持っています。

福岡から4時間かけて毎月来られるという夫婦が訪れていました。

有名人も数人来るとのことで、きっと何かが違うのでしょう・・・

PC010037.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

夜は、竹で作った「かっぽ鶏」を中心に、楽しい交流会が行われました。

その後、泊まった民宿で、御家族にいろいろ話を聞いたり、素晴らしい時間でした。

PC010050.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・次の日、朝はちゃんと5時半に起きてジョギングもしました。

(そうやって準備して挑んだ、12/9の青島太平洋マラソンも無事完走)

日時:2012年12月11日 07:00  投稿者:事務局

神楽をせんとや生まれけむ

 

 

 

椎葉駐在員の菊野さん、2年目となる貫録の舞でGP(ごっとりプリン体)シリーズ制覇!?

 

 

 

kt.JPG

 

 

 

番組(フットパスシリーズ)の途中ですが、ここで今週末に椎葉村にて開催された上椎葉神楽の模様

を先にお伝えさせていただきます。

 

 

 

12月8日(土)夜

椎葉駐在員・菊野さんの2年間の集大成とも言うべき神楽の舞を鑑賞・応援するため、北風よりも強烈な

"先輩風"を今年も吹かせながら、師走の椎葉村へと行ってまいりました~。

私Tがこよなく愛するフィギュアスケートのGPシリーズ観戦よりも優先して・・・・(え、恩着せがましい?)

 

 

 

小雪が舞い散る夜の椎葉村市街地は、出張で訪れた時とはまた一味違って空気の澄んだいい雰囲気。

神楽特有の太鼓の音がドーン、ドーンと鳴り響いていました。

 

 

 

kam.JPG

 

 

 

今年の会場は上椎葉地区のとある民家(↑)

上椎葉神楽は、3軒の家を持ち回りで神楽舞台としているそうですが、今回のお宅も昨年の鶴富屋敷と

似た間取りだったためか、また同じ場所に来たような懐かしい感覚でしたね (昨年の様子

 

 

 

到着して間もなくすると、さっそく菊野さんの滑走順・・・・もとい「大神神」奉納の番。

我ながらナイスタイミングです。

 

 

 

ko.JPG

 

 

 

さすがは2回目!

・・・・・・というより、昨年の初披露と変わらず堂々とした舞(↑)で、今年は2年目の貫録に加え、周囲との

距離を配慮した高い表現力も備わっていましたので、個人的にはフィギュアスケートばりに出来映え点

(GOE)を加点したくなりましたよ。

 

 

 

舞が終わった後、思わずスタンディングオベーション!・・・・・・といきたいところでしたが、とっても恥ずか

しがり屋のため正座のまま拍手しました。

 

  

 

chil.JPG

 

 

   

その後も、近い将来菊野さんの良きライバルになるであろうかわいらしい『子ども神楽』(↑) や、

 

 

 

me.JPG

 

 

 

ベテラン陣による魅せる上椎葉神楽も見応えたっぷり!

 

 

やはり平家にまつわる地域だけあって厳島神社の雰囲気もあり、現在放送中の大河ドラマのオープニン

グでも見られるような華やかな感じのする舞でしたね。

 

 

 

この上椎葉神楽でも若手や子ども達の舞を見守る周囲の方々の温かい眼差しと声援、婦人部の皆さん

による強力なバックアップなど、素晴らしい『地域力』を垣間見ることができました。

 

 

 

ss.JPG

 

 

↑ ふるまいで御馳走になったあったか~いそば。ゆずと猪肉が絶妙なアクセント!

 

 

 

yu.JPG

 

 

↑ 「来年こそは!」・・・と幸せ&健康を願いながら今回も弓くぐり

来場者の幸せまで祈願してもらいありがとうございます。

 

 

 

さて、演技(舞)終了後の菊野さんといいますと・・・・・・・、

 

 

chi.JPG

 

 

↑ すっかり安心して"祇園精舎の鐘の音"!?

自分の出番終了後も、小さいシンバル(?)で太鼓をサポートしていた菊野さんでした~。

昨年以上に地域に溶け込んでいる感じが伝わってきましたね。 

 

 

 

 

菊野さんが椎葉村で仕事をすることになり、

こうやって上椎葉神楽を舞うようになったのも『縁であって運』

 

 

 

地域の方々との貴重なご縁を大事にして、これからも上椎葉神楽に夢中になってもらいたいですね。

(・・・・・・・・という意味を込めた本ブログのタイトルです。)

 

 

 

以上! このかぐらGPシリーズの上椎葉会場の実況(録画)は~、

 

 

he.JPG

 

 

ロシアのソチ会場の速報を聞いて上機嫌だった元諸塚駐在員のT(↑)がお送りしました~。

 

 

 

☆なお、放送予定だったフットパスシリーズの続編(Tの古巣・諸塚村七ツ山編)は、これまたスペクタル

ブログが予想されるため、年内のファイナルブログまでにアップさせていただく予定です。

今年のブログ今年のうちに~♪

 

 

日時:2012年12月10日 08:00  投稿者:事務局

歩くっていいな!

宇納間のつぎは、日之影町深角(ふかすみ)地区でのフットパス。

日之影町セラピーガイド甲斐さん、岡田さんの案内で
フットパス体験コースを歩きました。


途中、県内でも最も古い宝篋印塔(ホウキョウイントウ)や

素戔鳴命(スサノオノミコト)や織田半兵(織田信長の孫らしい?)を祀る深角神社、

庚申塔など、400年以上前からその地域にあって、地域の人々が生活の営みを通して

守り続けてきた歴史の宝にとっても感心させられました。


 

さらに、素戔鳴命が降臨したと伝えられる白樫の木、

毒々しいというのがピッタリのマムシ草、

赤い根が染料としてやさしいピンク色を作り出す茜の蔓、

お手玉が懐かしいジュズダマ、

葉っぱにオオムラサキが卵を産みつけるというエノキの木など、

いっぱい説明していただきましたが、覚えきれないほどの自然の草木と

地区全体の風景がたくさんの癒しを提供してくれました。

 

国道沿いにある地域なので、これまで車窓から何気なく眺めていたもの
が、ゆっくり歩いて見るとこんなに新鮮に感じるものだということも

あらためて判りました。

また、別の季節にも歩いてみたいと思うとともに、いろんな地域でも

ゆっくりと歩き回ってみたいという気持ちになりました。

 

20121206 004.jpg

20121208 001.jpg 20121206 003.jpg

 

20121206 001.jpg 20121208 002.jpg 20121208 003.jpg

 

日時:2012年12月 8日 07:00  投稿者:事務局

宇納間~うなま~★☆

12月1日、「地域づくり団体交流研修会」の分科会が県内6地区(五ヶ瀬町鞍岡、日之影町鹿川、

日之影町深角、高千穂町秋山、諸塚村七ツ山、美郷町北郷区)で開催され、

わたくしH君は美郷町北郷区宇納間集落をたずねさせていただきました。

これまで美郷町には南郷区、西郷区をおとずれたことはありましたが、北郷区は今回がはじめての訪問。

 

お昼に役場・商工会さんのエスコートでフットパスを楽しみ、

その後、林研女性グループさんの協力を得ながら「ジビエ料理」(山の幸)を一緒につくり、

夜は地元住民の方々と交流会を行いました。 はじめて食した鹿肉の竜田揚げ、美味でした(>_<)

 

当日われわれ分科会6班のコーディネートをしていただいたカミ〇ラさんをはじめ、

役場・商工会、林研女性グループの皆様、地元住民の方々、本当にありがとうございました(#^.^#)

 

ちなみにこの「フットパス」(僕も今回はじめて知りましたが・・)とっても面白かったです。

 

IMG_2151.JPG

IMG_2155.JPG

      ↑ 川沿いの畦道                      ↑ 宇納間地蔵「地蔵堂」

 

通常の観光客が訪れることのないような畦道や山道を歩いて、

地域の資源、魅力を発見していきながら、風の音、川のせせらぎなどに耳を傾けながら、

地域のあるがままを堪能するといったものです。

 

地元の方々にとっては日常的な景色・資源であっても、

地域外の方々にとっては全てが非日常的なものであり、

何なら、いやむしろ「観光スポット」を見て回る必要はなく、

地域のあるがままの姿をそのまま「見る」ことが地域の魅力を「魅る」ことだと感じました!!

 

「地域づくり」と聞くと何だかハードルが高く、とてもエネルギーが必要で、

また住民の方々の負担も大きいというイメージがありがちですが、

このフットパスはそれらに比べて負担が少ないものと思いますし、

本当にあるがままで十分、喜ばれると思います。

 

今後の地域づくりの新たなトレンドになるのかもしれません!!

 

日時:2012年12月 5日 21:00  投稿者:事務局

第7回いきいき集落研修交流会 高千穂で開催!

12月2日(日)、宮崎県地域づくりネットワーク協議会との共催による交流会が、県内のいきいき集落住民等約30名が参加し、高千穂町で行われました。

まず、高千穂町自然休養村管理センターにて開会式が行われ、城野県総合政策部次長(いきいき集落連絡会議会長)による開会あいさつ、PR事務局(有)サン・グロウによる説明、準備体操の後、車7台で分乗して五ヶ村東集落へ向かいました。
今回のテーマ、「フットパス」で地域資源を活かす。

PC020058.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

五ヶ村東集落の仲畑神社では、神社の創建などについて、地元興梠区長等により説明があり、入口にあるスギ巨木と境内内を散策しました。

また、集落中心部から、集落住民と中山間盛り上げ隊が整備した遊歩道を降りていって、渓谷の見える場所にある丸太小屋までを往復しました。

PC020074.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丸太小屋から高千穂峡までは5km程度であり、そういった観光地とも繋ぐ形での散策路整備も検討しているとのことです。

PC020070.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、管理センターに戻り、九州でのフットパスの第一人者、濱田孝正氏によるフットパスの説明を受けました。 北海道では200以上のルートが設置されており、濱田氏も熊本県美里町のルートを紹介するパンフレットを作成しているので、そういったものを参考にして欲しいとのことでした。

PC020076.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フットパスは、何か見るところが必要であるわけではなく、歩くこと自体に価値を見いだして良いということで、ありのままの集落を自分で何かないか、楽しみながら歩くということでしょうか。

そのほか、11時からの分科会発表、自然学校プロデュースのカレーライスによる昼食、「中山間地域の総合産業としての観光地域づくりについて」をテーマにしたパネルディスカッションまで、宮崎県地域づくり団体研修交流会フォレストピア大会に合流しました。

 

また前日から、中山間事務局職員は、県北のいきいき集落など6つの集落に分かれて散策、料理体験、交流などを行いました。

いきいき担当は高千穂町秋元集落に行きましたので、それについては次回に・・・

日時:2012年12月 4日 07:00  投稿者:事務局

ふわふわハートに火をつけて!

 

 

 

2012年もいよいよ最後の月に突入しましたね。

 

 

 

毎年この季節になると心がふわふわ~っとしがちな事務局員Tでございますが、そんな私のふわふわハ

ートに火をつけてくれた日之影町旅情編(後編)の舞台は、2回目の訪問となった追川(おいがわ

かみ)

 

 

 

shu.JPG

 

 

 

昨年、『中山間盛り上げ隊』として草刈り作業に参加させていただいた際には霧で何も見えなかった追

川上地区ですが、今回は紅葉の残る清々しい山々の景色が真っ先に目に飛び込んできました。

 

 

 

追川上地区のとある御宅の中にお邪魔すると、何だかふわふわするような甘~い香りが漂っていまし

た。その正体は・・・・・・・・・・・↓

 

 

 

tof.JPG

 

 

 

写真では生クリームのようにも見えますが、大鍋の中は大豆の大海原!

豆腐づくり真っ最中だったのです。

 

 

 

co.JPG

 

 

 

今では珍しい大きなかまど(↑)

豆腐づくりのベテランの方の絶妙な加減でじっくりコトコト煮られていました。

 

 

 

恥ずかしながら私T、恋しいAge35にもかかわらず豆腐づくりを生で見るのは初めて。。。

この日、ちょっこしだけ豆腐づくりの作業を体験させていただきました~。

 

 

 

taik.JPG

 

 

 

大豆を煮出して布でこし、豆乳とおからに分かれ、さらに豆乳に「にがり」を入れて凝固させることによって

豆腐のできあがり(↑)・・・・・いつも食べている豆腐ができるまでの過程を頭だけではなく五感で理解する

ことができました。

 

 

 

これぞまさしく食育。

学ぶことに遅すぎることなし!ってところでしょうか。

 

 

 

at.JPG 

 

 

 

できたてのあったか~い豆乳とふわふわ豆腐をご馳走になり、心も一気にふわふわ。

「今なら豆腐の角に頭をぶつけても大丈夫!」というくらいに柔らかくて濃厚な味を満喫させていただきま

した。

 

 

  

 

さて、この日追川上地区では、週末に控えていた「山寿(やまじゅう)秋祭り」に向け、地区の方が集ま

り準備作業をされていました。

豆腐づくりもその一つでしたが、秋祭り当日にはこの柔らかくておいしい豆腐の体験コーナーも企画され

ていたようです。

 

 

 

また、追川上地区は今年「山寿ふれあいクラブ」を発足。

過疎・高齢化が進む中で、自分達の住む地区の地域資源を生かしながら交流活動を展開するなど、

集落点検や住民同士の話し合いの結果を踏まえて具体的なアクションを起こそうとする動きが出ていま

す。

 

 

 

spa.JPG

 

 

 

↑ 現在は、地区出身者や外部から訪れた人達との「交流拠点施設」の整備も進められています。

「未来予想図」から「現在計画図」へ・・・・・・・・・・・完成が楽しみです。

 

 

 

そして、地域を支え人の心を動かすのは何と言いましても「特産人」。

ですよね。

 

 

 

oik.JPG

 

(↑ 追川上地区の皆さんと) 

 

 

 

ほんのわずかな時間の滞在でしたが、追川上地区の皆さんから心がふわふわするような温かいおもてな

しをいただき、「是非また行ってみたい!」と思える地域にまためぐり会うことができたような気がします。

 

 

 

fa.JPG

 

  

↑ 温かいおもてなしと、のどごしのいい豆腐ですっかり心がふわふわしてしまった私Tへのトドメの一発は

日之影町の至る所で目に飛び込んできた紅葉。

 

 

 

帰りの道中、同乗していた上司陣をドキドキさせるような(?)挙動不審の中山間地域走行が展開される

ことになったのでした・・・・・・(願・安全運転!)

 

 

日時:2012年12月 3日 08:00  投稿者:事務局

魚もいっちゃが!

中山間地域は、山だけではありません。
海沿いの地域にもあるんです。

 

ということで、明日12/2(日)に
『魚もいっちゃが!楠並木でおさかなグルメ祭り!』
が開催されます。

 

県内北から南まで、新鮮な海の幸が勢揃いです。

ご存じ、「金ふぐ鍋」や「日南魚うどん」の振る舞いや
「ハモちゃんバーガー」、「かつおカレー」、「鱧スリミ鍋」
の販売もあります。

いっちゃが朝市と同時開催です。
是非ご家族でお出かけください。(お早い時間がおすすめのようです。)

 

日時:2012年12月 1日 07:00  投稿者:事務局

« 2012年11月 | ブログのトップページへ | 月別記事一覧へ | 2013年1月 »

   ページの先頭に戻る

カレンダー

2015年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のブログ記事

月別アーカイブ

中山間地域で頑張る駐在員ブログ

ホーム |  中山間地域の概要 |  いきいき集落 |  おでかけスポット |  駐在員ブログ |  お問い合わせ |  プライバシーポリシー |  サイトマップ |  リンク集