事務局ブログ

2012年9月の記事

中秋の名月

2012092812200000.jpg

といっても、やっぱり食べ物の話。


昨日(9/28)、ふるさと物産館海幸・山幸 で 

諸塚村 『十五夜だんごまつり』

をやっているというので、事務局 諸塚村指南役 T氏と
お昼休みに出かけました。








2012092812210000.jpg
が、団子は売り切れ状態で、おなじみの「黒岳まんじゅう」や

「神楽だんご」もありません。


午前中から行列ができるくらい売れ行きがよかったそうで、

販売担当諸塚村役場Oさんから
 「今蒸しているのも30分かかる。あはは。」といわれ、
立ち尽くすT氏。(←)





2012092812230000.jpg
でもそこは、さすが諸塚!ここぞとばかり生椎茸が存在感を主張していました。


台風が近づいていて心配ですが、
よいお月見ができるといいですね。

今年は満月らしいです。

日時:2012年9月29日 07:00  投稿者:事務局

渓流の宝石たち・・・

宮崎県の中山間地域には美しい河川がいくつも流れており、その最上流部にあたる渓谷は、全国の渓流ファンからその名を知られているところです。

かく言う渓流フリークの私も春夏になると、椎葉村や日之影町、西米良村に出かけては自然を満喫し、川遊びやキャンプなど「大人の野遊び?」に勤しんでいます。

渓流には色んな魚が生息していますが、その中でも最も美しく、貴重なのが「渓流の女王」と評される山女魚です。

この山女魚は3月1日から9月30日までしか釣ることができず、今シーズンも残りわずかとなりました。

今週末は最後のダメ押しで有名渓流は賑わうことでしょう。

もうすぐ紅葉のシーズンとなり、山女魚たちはサケのように産卵を迎えます。

釣ってよし、食べてよし、見てよし、美しい自然の中で、こんな美しい魚たちを探しに、そして癒される渓谷のせせらぎを聞きにに、一足早く出かけてみてはいかがですか?
F1000049.JPGF1000050.JPG


日時:2012年9月27日 06:00  投稿者:事務局

えびの市、真幸(まさき)に行く!!★~その弐

こんにちは、H君(HK)です。

今週も先週に続いて、真幸ネタでいきます。

 

 

「真幸駅」を後にして、

次にむかった場所は京町地区にある、とある和菓子屋さんです。

 

 

ここではある珍しいものを購入しました。

 

・・・

 

その珍しいものとは・・・「ゴーヤ羊羹」((+_+))です。

 

「えっ??ゴーヤに羊羹・・・??」と思われる方も多いかと思いますが、

これが美味。

 

ゴーヤを甘く煮て、

苦みをすくなくしたものの真ん中に羊羹がつめられています。

 

 

IMG_1749.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※「一本丸ごと」もしくは 写真のように「バラ売り(=はかり売り)」で購入できます。

 

 

県内各地にはまだまだ知らない名産品がたくさんあります。

是非、皆さんも探してみてください。

 

 

→→ NEXT 「えびの市、真幸(まさき)に行く!!★~その参(最終章)」

 (近日公開予定

 

日時:2012年9月26日 21:00  投稿者:事務局

観音池ジョグ

土曜日の地元放送局の情報番組で、

「観音池のメンチカツがうまい」という話が出ていたことと、

地元タウン誌の温泉特集で、県内の温泉の半額クーポンがあったこともあって、

なら行ってこよかと、都城市高城町の石山観音池公園に行ってみました。

10年くらい前にデイキャンプできないかなと、オートキャンプ場に立ち寄った以来でした。

 

びっくりするのは、その施設の多さ。

観音池付近には、観覧車、.ボート、パターゴルフ、

そいて「観音さくらの里」という温泉施設の周りに、オートキャンプ場、プール、ゴーカート、

グラススキー場、スライダー、プール、コンビネーション遊具、その他多目的施設とよく言われる広場

がいくつか。さらに、会議などもできる高城ふれあいセンターもあります。

残念ながら行った日は、雨が降っていて、全体的にお客さんもまばらでしたが、

「観音さくらの里」温泉だけは、駐車場が一杯になるほどの盛況でした。

 

ここで、10月6日には、焼き肉フェスティバルも開かれるようです。

あと、メンチカツの店は、行ってみましたが残念ながら20分待ちで買えませんでした。

 

この、観音池公園の多彩な施設を巡るようにぐるぐるとジョギングしてみました。

この日はちょうどお彼岸でしたが、至る所に彼岸花が咲いていましたよ。

P9220041.JPG

 

 

 

 

日時:2012年9月25日 07:00  投稿者:事務局

そうだ 猪八重、行こう!

 

 

 

ビバっ!猪八重~~☆★☆ 

ずっとこの瞬間(テーマ)を待っていたんです。

 

 

 

ro.JPG

 

 

 

事務局員Tがお送りする2012年度上半期最終楽章は、近年森林セラピー基地としても人気上

昇中のスポット!

そして、勇気を振り絞ってついにブログにまで踏み込んだ聖地(?)猪八重渓谷(日南市北郷町)

レポートです。

 

 

 

i.JPG

 

↑ 「いのはえ」と読みます。(※「ちょばえ」ではないですよっ。)

 

 

 

猪八重渓谷は、天然林地帯の中に約20数箇所の滝があるほか、珍しい「ニチナンゴケ」を含む約300

種類もの「コケの宝庫」としても有名なのだそうです。

2008年には「森林セラピー基地」として認定され、健康増進やリラックス効果を求めて多くの方が訪れて

います。

 

 

 

bo.JPG 

 

 

 

私Tもこの「お伊勢さん」に匹敵しそうな"猪八重さんパワー"にあやかろうと、木漏れ日のシャワーとマイ

ナスイオンをたっぷり浴びるため、散歩に出かけるかのような超お気楽モード!

 

 

・・・・・・でしたが、スタート直後に『ゴールまで約2.6㎞』と書かれた看板を見て表情は一気に曇りガラ

スとなりヘビーの予感。。

 

 

 

br.JPG

 

 

 

いくつものつり橋を渡り、登りや下りを繰り返しているうちにジーパン姿の軽装を後悔・・・。

果てしなく続くセラピーロードに思わず「なんじゃこりゃああああ」という絶叫まで飛び出しちゃい、猪八重

渓谷を甘く見ていたことに気づきました。。

 

 

 

「 がんばろう! "野良猫ガッツ"でがんばろう! 」

・・・・・ここ一番の頑張り時に繰り出す私Tの決めセリフを久々に連呼しながら歩くこと数十分。

 

 

 

gu.JPG

 

 

↑ やがて猪八重渓谷の森林セラピーの醍醐味とも言える滝が視界に飛び込んできました。

「そろそろゴールだ!」と感じた私は、ここで心のサングラスを外して(?)一気にスパート!

 

 

 

それから間もなくして、猪八重渓谷の名所「五重の滝」(↓)に到着しました~!!

  

 

 

goju.JPG

 

 

 

「健康増進」にふさわしく心地よい達成感を味わうとともに、五重の滝から放たれるマイナスイオンがそれ

までの疲れや不安を一気に癒してくれました。

 

  

 

いや~、渓谷にまつわるナイスな思い出も甦って本当に楽しい2.6㎞でしたね(笑)

 

 

 

ちなみに、猪八重渓谷の入口から少し離れた所には「上郷即売所」(↓)という"オアシス"があるん

す!

 

 

ku.JPG so.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑  地元北郷町の特産物販売コーナーがあるほか、疲れを癒してくれる「足湯」まであり、まさしくセラピ

ー基地の名にふさわしい販売所です。

昔懐かしいラムネが私の渇いたノドを潤してくれました。 

 

 

 

foot.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑  なんと、ペット用の足湯までも! (ビバっ!)

 

 

 

季節はいよいよ本格的な秋が巡ってまいりますが、紅葉のシーズンにこの猪八重渓谷&足湯で心身とも

にリフレッシュされてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

セラピーロードの帰路、

「今は紅葉前だ、紅葉前だ、紅葉前だ・・・・・」とつぶやきながら秋の"再出走"を企んでいた紅葉好きのT

の姿があったとも伝えられています。

 

 

 

kei.JPG

 

 

 

紅葉の季節も楽しみですね!

(次は日之影で癒そうか?それとも綾で癒そうか? どっちの森林セラピーショー☆)

 

 

日時:2012年9月24日 08:00  投稿者:事務局

ふるさと再発見in北郷

美郷町北郷区で、「新たな田舎の暮らしを考える!ふるさと再発見in北郷」

が開催されます。


この地域には、県外から移住されていろいろな事業や地域活動に
取り組まれている若い方々がたくさんいらっしゃいます。

 

そういった皆さんが本県中山間地域にどのような魅力を発見し、
逆に私たちが何に気づいていないのか。

 

貴重なお話を聴くことができるイベントです。
きっと新たな発見があると思います。

日時:2012年9月22日 07:00  投稿者:事務局

えびの市、真幸(まさき)に行く!!★~その壱

こんにちは、H君(HK)です。

先日、えびの市の真幸(まさき)に家族と行って参りました。

 

その内容を2回に分けて、ご紹介します。

 

 

今回は「真幸(まさき)駅」についてです。

 

 

皆さん「真幸(まさき)駅」を訪ねたことがありますか??

→「真幸(まさき)駅」については事務局Tさんもブログで触れています

    ので、是非ご覧ください。

 

 

いかにも幸せに満ちあふれた名前であるこの駅は、

宮崎県で最初にできた駅であり、肥薩線では唯一の宮崎県内にある駅です。

また、昨年は開業100周年を迎えた歴史あるレトロな駅でもあります。

IMG_1739.JPG

 

IMG_1742.JPG

 

 

  

最近では名前に由来する「幸せスポット」としても

大変注目を集めています。

 

IMG_1737.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

似顔絵書きや物産の販売等が行われていたり、

駅では大変珍しいものであろう絵馬もかかっています。

(絵馬代は100円という安さです。僕も「幸せの願掛け」をしました。)

 

IMG_1738.JPG

IMG_1738.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらには、ホームに『幸せの鐘』が設置されています。

ちょっと幸せは、1回   もっと幸せは、2回   いっぱい幸せは、3回・・・

  願いに応じて鐘を鳴らしていいそうです。

 

※僕は息子と一緒に3回鳴らしました。 

 

IMG_1729.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、僕が一番皆さんにお伝えしたいポイントは、

ここでみられる『とある光景』が

とても心に残る素晴らしいものだということです。

 

それは、この駅で地域活動をされている「真幸駅友の会」さんと

私たち観光客が一緒になって、列車が出発して真幸駅を過ぎ去る際に、

 

駅にいる私たちが乗車している方々に手を振り、

 

それに応じて、

 

列車に乗車している方々が手を振り返してくれるというものです。

(文章では伝わりづらいかもしれませんが・・是非体験してください。

 

IMG_1748.JPG

 

IMG_1743.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ↑↑ 友の会さんにミッキーマウスの手!? のようなものを貸していただき、

   列車に手を降る息子

 

ある種特異な・・いや不思議なものですが、

皆の気持ちを幸せにしてくれるこのやりとりは

観光客へ向けたメッセージ「Theおもてなし」そのものです。

 

これらの地域活動をされている友の会さんには本当に頭が下がります。

 

 

たずねた者を幸せにしてくれるこの駅へ、

皆さんも是非たずねてみてください。

 

 

IMG_1754.JPG

 

                      

 

 

 

←来駅証明書

 

 幸福入場券

 「真の幸せになるまで有効」

 との事です。

 

 

 

 

  

 

 

→→ NEXT 「えびの市、真幸(まさき)に行く!!★~その弐」

 (近日公開予定) 

日時:2012年9月19日 22:00  投稿者:事務局

島根県中山間地域研究センター

先日、ふるさと知事ネットワークの第1回若手政策塾(中山間地域の活性化)が、

標記センターにて、山形県ほか9県の各担当が出席し開催されました。

P9050017.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

島根県中山間地域研究センターは、出雲空港から約1時間山へ入った飯南町にあり、

森林林業、農業畜産(中山間地域での野菜栽培、耕作放棄地での放牧、鳥獣対策)の研究に加え、

持続可能な地域運営に関する地域研究を行う社会学系の研究員を有しています。

 

会議では、コミュニティの維持対策、外部人材の確保・育成、生活サービスの確保の

3つのテーマに沿って、

島根県中山間センター有田研究員、島根県しまね暮らし推進課の多根リーダーにより、

研究内容や先進的な取り組みについて詳細な説明が行われ、

その後各県がテーマに沿って、それぞれ対策などを説明しました。

P9050016.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

島根県は、今後、地域経営の基本単位をおおむね1000人規模とし、

県内227の地区に分けて中山間地域対策を推進していくとのことで、

県内に81人の集落支援員、44人の地域おこし協力隊が配置されているなど、

研究内容、行政の対応など、中山間地域対策の先進県であるという印象を受けました。

 

ほか、高知県でも「集落活動センター」や「高知ふるさと応援隊」による支援を

行っているとのことで、本県と条件が似ているこの2県については、

いろいろと参考になる要素があるのではないかと思います。

 

やはり、まずは集落で活動している人たちのやる気、元気が大事で、

それをどう私たち関係者がサポートしていくかということでしょう。

 

夜には、センターの中で懇親会があり、地元の地域おこしとして作られた

日本酒がふるまわれ、交流を深めました。

 

また、地元廃校を活用して、神楽大会や交流サロンなど、

様々な取り組みを行っており、

平成23年度過疎地域自立活性化優良事例表彰

総務大臣賞も受けた

飯南町谷地区の「谷笑学校」も視察させてもらいました。

ここも、地域おこし協力隊の若者2名ががんばっていました。

tanisyougakko.jpg

 

 

 

 

 

 

次回は松江市で開催するとのことです。

 

日時:2012年9月18日 07:00  投稿者:事務局

ひとつ屋根の下で

 

 

 

お魚くわえた"野良猫"(自称)の事務局員Tが次に向かった先は、

日南市北郷町にある蜂之巣公園ャンプ場でした。

 

 

 

ha.JPG

 

 

 

その日は、トレンディドラマの舞台にもなりそうな立派なコテージにキャンプイン(↑)

今回は「キャンプ!年の差なんて」ってゲームができそうなくらいに幅広い年齢層が集結したキャンプに潜

り込ませてもらったんです。

 

 

  

まずは、何と言いましてもキャンプの王道・バーベキューですよね。

 

 

da.JPG

 

↑ 珍しい「ダッチオーブン」なるものも登場しました。 

 

 

蓋の上にも炭をのせて加熱すること約1時間   

→ → → → 〈早送り〉 → → → → 

 

 

ti.JPG

 

↑ 元同僚"直伝"によるおいしい「鶏の丸焼き」ができあがり~!

(写真ではわかりづらいですが・・・・)

 

 

 

この後も、花火・TVゲーム大会・UNO・トランプ・・・・・・と、数年前に青春と決別したはずの私には久々す

ぎて少しまばゆい展開でしたが、ひとつ屋根の下でこの『100万泊分の1』を満喫してきました~。

 

 

 

さて、かつては"キャンプ企画の帝王"と云われた私ですが、この蜂之巣公園コテージに宿泊したのは遅

ればせながら今回が初。

それにふさわしくコテージ内の風呂にて「初めて」なるものを発見しました。

 

 

 

なんとなんと北郷温泉郷に位置するこの蜂之巣公園コテージには温泉が完備されていて、蛇口をひ

ねると温泉が出てくるんです!

しかも、各コテージには露天風呂まで付いています。

 

 

 

もっとも、この「風呂が温泉」という事実を私が知ったのはチェックアウトの前の風呂掃除の時だったわけ

ですが、事実を後で知っても「なるほど!」と思えるようないい湯加減でしたね。

 

 

 

ちなみに、かくも素晴らしい温泉完備の風呂なのに私が入るのを忘れそうになるくらい熱中したのが深夜

にまで及んだイントロクイズゲーム♪♪♪

 

 

"モンパチ世代"や"モモクロ世代"(いずれも20歳代)との勝負で押され気味だった私が、90年代の楽

曲に関しては異常な強さを発揮したことで自信と気力を取り戻していったのでした~。

(な~にやってんだか・・・・。)

 

 

 

それにしても、たまには自然に囲まれた中で楽しくキャンプするのもいいものですね。

ほんの小さな出来事に心は大きくリフレッシュしますから。

 

 

 

ki.JPG

 

 

「素晴らしきかな北郷町編」は、2012年上半期のラストマンデーにつづく。

(次回、伝説の"野良猫ガッツ"が復活か!?)

 

日時:2012年9月17日 08:00  投稿者:事務局

やっぱりスポーツの秋!

食欲の秋!とばっかりは言っていられないあなたへ。
秋はスポーツを始めるのにもってこいの季節。

 

青太(青島太平洋マラソン)や綾照葉樹林マラソンに向けて、トレーニングされている
ランナーを見て、自分には無理とあきらめているあなた!

出来ること、しかも楽しんでやれることをやりましょう。
(今週末は、残念ながら台風の影響で、難しそうですが、)

 

中山間地域では、森林・川などの自然や懐かしい風景などココロを癒やしてくれる
空間を歩くことで心地よい汗をかくことができるイベントがこの先いっぱいです。

 

日之影町では、ご存じ森林セラピー基地としてのコチラ
日南市北郷町では、森林セラピー+食欲の秋を求める方にお勧めのコチラ
えびの市では、鉄ちゃんならずとも参加の価値あるコチラ

日時:2012年9月15日 07:00  投稿者:事務局

See You Again!!インターンシップ★

こんにちは、H君です。

(今回は・・??いや、今回も まじめネタでいきます~~~。)

 

先日このブログでご案内しておりました宮崎大学からのインターンシップ生の

黒木さんの就業体験が9月7日をもって終了しました。(無事卒業!!)

 

9月3日から9月7日までの5日間という短い時間ではありましたが、

足を止めることなく、息つく間もなく(??)、一生懸命かけぬけていただいたところです。

 

思えば、初日から宮崎市高岡町の去川にて集落づくりに関する研修を、

週の後半には中山間・地域政策課の事業の視察先としてえびの市へと、

庁外にもでていただきました。

 

もちろん、課内でも事業の紹介などは随時行われ、

慣れない環境の中で、大変ハードスケジュールだったと思います。

(肉体的にも、精神的にもお疲れになられたことと思います。お疲れ様でした m(_ _)m)

 

週を明けた今週あたまには、

黒木さんから中山間・地域政策課にインターンシップのお礼のお手紙が届きました。

 

内容は・・秘密ですが、

黒木さんなりにいろいろと県庁の仕事を見て感じていただき、また学ばれたようです。

少しでも黒木さんの将来に役立つこととなれば光栄です。

 

もしかすると、1年半後には同僚になっているかもしれませんし、

1年半後とはいわずにまた課に顔をだしていただけたらと思います。お待ちしております。

 

そんな気持ちを込めて、

「Good bye」ではなく「See You Again」で締めくくりたいと思います。

また会いましょう!! (*^_^*)

 

 

日時:2012年9月13日 08:00  投稿者:事務局

カツオでございまーーす!

 

 

 

ルルルルルル~今日もいい天気~♪

 

 

 

am.JPG

 

 

 

そんな鼻歌を歌っていたい陽気な事務局員Tが今回向かったのは、県南・日南市は飫肥城下。 

とあるお店で、ご当地グルメ「日南一本釣りカツオ炙り重」を食べてまいりました~。

 

 

 

日南市は、「一本釣りカツオ」の水揚げ量が日本一で、その豊かな水産資源を生かしたこのスペシャルメ

ニューは「九州初の新・ご当地グルメ」として紹介されています(↓)

  

 

 

ju.JPG

 

 

 

↑ 2つの味付けがされた新鮮なカツオをそのまま食べてもおいしいのですが、好みの加減で炙ってご飯

にのっけて食べるとこれまたうまーーーーーーーーい!!!

 

 

 

「生きててよかった。」・・・・・・・・そう思わせてくれる逸品グルメにまためぐり会うことができました。

そして、このカツオ炙り重にはもう一つの楽しみ方があるんです。

 

 

 

da.JPG

 

 

 

それは、お茶漬け(↑)

炙ったカツオに絶妙な味加減の熱いだし茶をかけると、これまたあっさりとおいしく、さらさらさら~と食べ

れちゃいます。

 

 

  

折しもちょうど1週間前、岐阜県多治見市に住む友人家族と一緒に名古屋のご当地名物「ひつまぶし」

を食べた私Tは、"どや顔"をしながら「これって『ひつまぶし』のカツオ版って感じがしていいよね~☆」とい

う感想をぼそっと生つぶやき。

 

 

 

・・・・・・・「ただそれが言いたかっただけやろ?」

という周囲の冷静かつ温かいツッコミにもめげることなく、「ひつまぶし」のように"3度おいしい"そのカツ

オ炙り重を大満喫したのでした~。 

 

 

 

ちなみに、こんなにおいしいカツオくんを提供してくれる"ご両親"に一目お会いしようと(!?)油津港まで

足を延ばしてみたら・・・・・・・・・いらっしゃいましたよ!

 

 

fu.JPG

 

  

↑  漁業に欠かせない存在の"おフネ"(船)さん。 そして・・・・・・・・・・、

 

 

 

na.JPG

 

 

↑ 波平さ~ん・・・・・海です。

(「サザエさん」ファンの皆様、申し訳ございません! あまりに海がきれいだったものですから・・・・・。)

 

 

 

豊かな海洋資源と船舶。

あのおいしいカツオくんを地域の活力に育てていく上で欠かせない存在ですよね。

 

 

 

ところで、「ご当地グルメ」といえば、私の出身地都農町ふぐ丼、古巣・諸塚村しいたけ寿司

など、他にも県内各地に地域の食材を生かした魅惑のメニューがたくさんあります。

 

 

 

『人間おいしいものを食べると幸せな気分になれる。』

そして、そのように人の幸福感アップにささやかながらも大きな大きな貢献をしている地域資源の存在っ

て本当に貴重な財産ですよね。

 

 

 

・・・・と、もっともらしくまとめようとしておりますが、

カツオを口いっぱいに頬張りながら、奈良の「せんと君」(またか!)のような表情でモグモグしていたその

時のTは、食べることに必死でとてもそんなことを考える余裕はなかったのでした。。

 

 

 

来週もまた見てくださいね~。  

じゃんけんポン!!     うふふふふふふ

日時:2012年9月10日 08:00  投稿者:事務局

食の秋!

ようやく朝晩涼しくなって秋の気配が感じられるようになりました。

秋といえば、やっぱり「食」ですよね。

とすると、まずは、

 

CIMG1120.JPG

日之影町特産の栗で~す。

出荷が始まったばかりですが、

やっぱり秋の味覚、道の駅青雲橋で見かけて

購入できました。

 

 

 

こんな秋の味覚を身近に堪能できるイベントが明日、あさってにかけて宮崎市内で行われる

こちら日之影町「匠のわざと秋のひのかげ物産展」です。

栗だけではなく、山菜おこわやお団子などなど秋の味覚を満喫できるのはもちろん、

日之影名物(?)竹細工の名工による実演・体験イベントなど盛りだくさん。

 

初秋の雰囲気を味わいに是非おでかけください。

日時:2012年9月 8日 07:00  投稿者:事務局

インターンシップ生の黒木です。

中山間・地域政策課で1週間、

インターンシップでお世話になっています

宮崎大学農学部森林緑地環境科学科3年の黒木麻未です。

 

 

今回このインターンシップに希望した理由は、

地域の後継者不足や高齢化の問題について興味があり、

インターンシップを通じて宮崎県の中山間のことについて

学びたいと思ったからです。

 

 

1日目は市町村職員等研修会に参加しました。

 

島根大学の作野准教授の講演では地域の役割や機能について学びました。

私は、講演の中の「心の過疎」という言葉が印象に残りました。

 

 

IMG_8933.JPG

 

 

 ←研修会の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8938.JPG

 

 

 ←今回講演いただいた

   作野准教授

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事例発表では、日之影町の取り組みを知ることができました。

発表の中で、

交流会に参加した関東の方々が井戸水を見て驚いてたという

話が印象に残りました。

 

私は中山間地域に住んでいたので、

都市地域に住んでいる方とは考え方や感じ方が

違っているのかもしれないと思いました。

 

物事を違う視点から見ると、新たな発見や感動があるのだと思いました。

 

今回市町村職員研修会に参加し

中山間地域の現状や取り組みについて学ぶことができました。

 

IMG_8953.JPG

 

←親子、子ども向けに

 開放している「絵本の部屋」

日時:2012年9月 4日 16:30  投稿者:事務局

ウェルカム!!インターンシップ★

今週(9月3日から9月7日までの5日間)、

中山間・地域政策課に宮崎大学の学生さんが就業体験にきています。

 

俗に言うインターンシップです。

 

農学部 森林緑地環境科学科3年生の黒木麻未(まみ)さんです。

(わたくしH君の私見ですが・・とても真面目な方で、勉強熱心なところが早くも伺われます。)

 

 

黒木さん曰く「山村、過疎地域などについて興味がある」とのことで、

こうしたことから、今回 中山間・地域政策課とご縁があったものだと思います。

 

 

初日の昨日は、

午前中に課内で中山間地域の現状等について勉強をしてもらいました。

 

しかし、中山間・地域政策課はそれだけでは終わりません (-_-)

 

 フフフ・・(-_-;) 

 

 

なんと午後には、

宮崎市高岡の去川こども村(旧去川小学校)で「集落づくりの研修会」に参加していただきました。

 (感想については黒木さんにブログ掲載してもらう予定です!!是非ご覧ください☆~)

 

5日間とわずかな期間ではありますが、

中山間・地域政策課の新たなメンバーである黒木さんを ご紹介させていただきました。

 

日時:2012年9月 4日 12:45  投稿者:事務局

宮崎大学田野演習林散策その②

前回、宮大田野演習林に行って、夏でも走れる!と大喜びをしましたが、

林業技師である、いきいき担当・・・実は約20数年前、ここで実習をしていたんです。

 

農学部林学科(当時)の必修科目として、演習林実習は50日ほどあります。

測量、林道、治山ダムの設計などは、1週間泊まり込みで、

夜もデータの整理と図面書きをしていました。

山道を踏査して測量し、それで図面を書いて、土量を計算するのですが、

雨など降ると、野帳はぐちゃぐちゃで、図面を書いても高低差が一致しないとかあるわけですね。

P9010004.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その思い出の林道をこうやって、美郷町御田祭のTシャツを着て走っているというのは、

自分的に感無量なのですが、端から見ると「もの好き」としか思われないでしょうね。

P9010008.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、演習林入り口にある食事処で、みやざき地鶏の認定を受けた、おいしい地鶏を食べて、

自然林いっぱいのなかでお湯につかってきたのでした。サイコー。

P9010001.JPG

 

 

日時:2012年9月 4日 07:00  投稿者:事務局

ええじゃないか

 

 

 

今回のお話は伊勢物語!

 

 

 

t.JPG

 

 

 

かねてより県内中山間地域にある神社の鳥居をくぐるたびに「心身を清めたい~!」という私Tの願いが

通じたのか、このたび三重県伊勢市神宮(通称「伊勢神宮」)を参拝する絶好の機会に恵ま

れました~。

 

 

 

hon.JPG

 

(↑ 天照大御神を祀る内宮 ※これより先は撮影禁止エリア)

 

 

 

 

「一生に一度は伊勢の神宮に『おかげ参り』を」

 

 

 

かつて庶民の夢であったその伊勢神宮の参拝ができるため、Tの心境は朝から「ええじゃないか」。

出張行程の中の一つではありましたが、現地に向かう車の助手席でワクワクしている私の表情は奈良

の"せんとくん"さながらの微笑ましい顔だったようです。

 

  

 

tr.JPG

 

(↑ 境内はあらゆるものがビックスケールでええじゃないか!) 

 

 

 

 

百聞は一見にしかず・・・・・・・いや、実際に現地に行くと聞いていない情報もたくさん得られました。

 

 

  

☆伊勢の神宮は、厳密に言うと「内宮」(ないくう)と「外宮」(げくう)があること。

☆他にも別宮など全部で125の社宮があり、その敷地は実に伊勢市の約4分の1に匹敵すること。

☆「みそぎ」の正しい手順。

☆神社における正式な参拝の仕方。

☆皇室の参拝時の作法や様子。

20年に一度の「遷宮」により敷地内の全ての建物・橋が更新されること(※)

 ※次回の遷宮は平成25年なので、今回撮影した鳥居、宇治橋、建物は来年にはもうないそうです!

 

 

 

・・・・・などなど、ただ何気に一人旅で参拝していては知り難いことを教えてくださったのは、伊勢神宮の

名物ガイド「お伊勢さん観光案内人」の方。

地元のボランティアの方々ですが、知識がとても豊富で、何気なく参拝するより何倍も楽しく境内を回るこ

とができました。

 

 

 

dou.JPG

 

(↑ ゴミが全くない参道でええじゃないか!)

 

 

 

伊勢地域の醍醐味である「おかげさま」の精神=感謝の気持ちと、参拝者に対するおもてなしの心

その風土から生まれた代表的なものの一つが、この伊勢の神宮に隣接し地域おこしの好事例として有名

「おかげ横丁」なのだそうです。

 

 

 

oka.JPG ka.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(↑ おかげ横丁) 

 

 

 

「おかげ横丁」内は活気に溢れていて、独自の「導入基準」により選ばれた観光客のハートをぐっと掴むよ

うな商品がズラリと並び、地域内のあらゆる資源がこの場所に凝縮されていました。 

 

 

 

神宮や地域資源のスケールの大きさもさることながら、観光案内人や地域を盛り上げようという伊勢の

方々の地域に対する思いの大きさも感じられました。

 

 

 

ただ、本県で全く同じことをやっても意味がなく、地域固有の資源にその土地独特の歴史や風土・思い、

そして最大の地域資源・「人」が入ることによってオリジナルの地域おこしにつながるのでしょうね。

 

 

 

本県の神社ともつながりのある伊勢の神宮から得た学び・・・・・・とってもええじゃないか!

 

 

 

oha.JPG 

 

(↑ おはらい町通り)

 

 

 

でもって、なぜに私Tが三重県まで行っていたのかと申しますと、このたび「若手政策塾inみえ」に参加

させていただくことになり、他県の皆さん達と地域資源の活用策について勉強してきたんです。

(ええじゃないか!)

 

 

 

政策というよりは行政職員としての『原点』をたくさん考える機会になりましたし、同じような課題を抱える

他県の皆さんとの交流が私Tにとって一番の収穫でしたね(ええじゃないか!)

 

 

  

え、「そもそも"Age35"のTは若手に入るのか」ですって!?・・・・・・・・・まぁ、ええじゃないか!!!

 

 

                                 ※「ええじゃないか!」は総じて「イイね!」の意 

日時:2012年9月 3日 08:00  投稿者:事務局

防災の日です

今日9月1日は防災の日です。

関東大震災にちなんで決められた日です。

南海トラフ沿いの巨大地震の想定に衝撃を受けた方も多いでしょうが、

災害への意識を高く持って、一人ひとりができる備えをしましょう。

 

 

20120831 001.jpg

みやざき物産館では、昨日まで東日本大震災復興支援の応援フェアが開催されていました。

岩手県の「いかせんべい」、福島県の「ごまみそせん」です。

どちらも素材の味が大変しっかりしていて、

応援という気持ちは関係なく大満足でした。

 

 

 東北の皆様にも本県の中山間地域の特産品を食べて貰う機会があるといいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日時:2012年9月 1日 07:00  投稿者:事務局

« 2012年8月 | ブログのトップページへ | 月別記事一覧へ | 2012年10月 »

   ページの先頭に戻る

カレンダー

2015年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のブログ記事

月別アーカイブ

中山間地域で頑張る駐在員ブログ

ホーム |  中山間地域の概要 |  いきいき集落 |  おでかけスポット |  駐在員ブログ |  お問い合わせ |  プライバシーポリシー |  サイトマップ |  リンク集