事務局ブログ

諸塚版「大奥」 ~桜の局~

 

  

諸塚村から引っ越し、諸塚版"家なき子"となって早4ヶ月。

古巣・諸塚村と言えども、行った時には「泊」か「日帰り」かの選択に悩まされているTです。

 

 

 

南川公民館で行われた先日の草刈り作業も、当初は日帰り強行プランと決めていたのですが、自分

の年齢と真面目に向き合った私は、朝5時に宮崎市を発つ「モーニングムーンプラン」を回避。

 

 

草刈り作業の前日、諸塚村観光協会のT邊氏にいきなり電話し、宿の予約をお願いすることにしたん

です。あろうことか、その日の3時に・・・・・。

 

 

 

私が目をつけたのは、コチラの宿(↓)

 

 

tubone.JPG 

  

 

古民家「桜の局(さくらのつぼね)でございます。

 

 

 

最近、村内の黒葛原(つづらのはる)公民館内にオープンしたばかりのこの家は、村内にある

他の古民家と同じく、空き家を改修して宿泊できるように諸塚村が整備したものだそうです。

 

(ちなみに私は記念すべき第2号のお客・・だったはず)

 

 

sakura.JPG 

 

 

中は、土間や囲炉裏があってどこか懐かしく、昔からある木と新しい木の融合によってぬくみのある

家となっていました。

 

 

この古民家は、他の古民家と同じように自分達で自炊しながら寝泊まりが可能で、寝室も2部屋ある

のですが、この日、もう1つの部屋には数日前から滞在している別のお客さんもいらっしゃって、互い

に自己紹介をしました。

  

 

囲炉裏の部屋を中心に、お客さん同士で交流できるような形にもなっていますので、まさに"ルームシ

ェア風"古民家といったところでしょうか。

 

 

 

一期一会のこの空間でいろんな方との出会いも楽しめそうですね。

 

 

 

整備に当たっては様々なねらいがあるようですので、詳しくはこの囲炉裏のお部屋で村の方に聞い

てみてくださいね。

 

 

kitt.JPG

 

( ↑ 古民家の中にあって最新設備が整ったキッチン) 

 

 

さてさて、この古民家の名前は桜の局(つぼね)。

往年の大奥ファンとしましては、「つぼね」という響きに敏感に反応してしまいます。

 

 

 

「T様のおなぁ~りぃぃ~」といった感じですっかり「上様」になりきって入城した私は、その日行われ

た消防の操法大会で疲れて目が閉じかかっているT邊氏を、午前0時近くまでつき合わせてしまう

という殿様ぶりでした。。

 

 

 

しかしながら、宿泊にはマナーも必要。

他のお客さんの迷惑にはならないように、古民家内の秩序を乱すまいという"大奥総取締役"のよう

な心が肝要かと存じますね。・・・・(よく言うわ!)

  

 

chokan.JPG

 

↑ 「桜の局」(黒葛原)からの眺め

 

 

 

翌朝、お暇をいただいた私は、興(愛車)に乗り、南川地区に向けて出立したのでした。   (完)

日時:2011年8月18日 12:00  投稿者:事務局

   ページの先頭に戻る

カレンダー

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のブログ記事

月別アーカイブ

中山間地域で頑張る駐在員ブログ

ホーム |  中山間地域の概要 |  いきいき集落 |  おでかけスポット |  駐在員ブログ |  お問い合わせ |  プライバシーポリシー |  サイトマップ |  リンク集