日之影ブログ

天の古道1

今日の新聞は見ていただけましたか?

先日の大事な行事というのは、新聞にも掲載していた「天の古道」の初歩きです。

以前道整備の話はちらほら紹介しておりますので記事には書いていない裏側も。

 

さて、記事の写真で先頭を歩いていた久富さん、益太郎さん。

kiyome.JPG

これ、古代人の服装のように見えるけど、昔をしのんでとかそういう意味じゃない。

歩く方々の無事を山の神様に祈願し、先頭で塩をまきながら道を清めつつ歩いてもらったのです。

私も写真を撮るためにお二人より先に進む前には塩で全身を清めてもらいました。それぐらい大事。

 

なぜかというと、この山の神様って結構強いらしいのです。

その手の方がこの道を歩いたことがあって、かなり強い力を感じるとコメントしていたとのこと。

実際、私がこの道の整備作業に参加した後は、必ずと言っていいほど何か体に支障をきたしていて。

なぜか、鈍痛というか、体が痛むのですよ。徐々にくるというか。

古来より山の神様は女性で、心の純粋な若者に障るらしい(役場上司談)ので、さてはそのせいかと...。

 

...え?それってただの筋肉痛?あ、まあそうとも言いますね。

 

でも、今回は道を歩く前に全員がお祓いをしてもらったし、先頭にはお二人が、最後尾には繁光さん

が鈴を鳴らしながら清めてくれたせいかなぁ?なぜかそんなに筋肉痛でもない。

kiyome2.JPG

うーん、不思議なこともあるもんだ...。

日時:2010年3月 8日 21:54  投稿者:日之影駐在員

   ページの先頭に戻る

ホーム |  中山間地域の概要 |  いきいき集落 |  おでかけスポット |  駐在員ブログ |  お問い合わせ |  プライバシーポリシー |  サイトマップ |  リンク集